« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.29

お薬を上手に飲ませる方法?

くすりキライの子供や、味に苦みのあるくすりを子供に飲ませるのは大仕事です。娘も一歳半くらいまでは、スポイトで口の奥に放り込んだり、アイスクリームに混ぜたりと、試行錯誤しました。でも、一番うまくいったのは、どうしてくすりを飲むかをきちんと説明して、水に溶いて渡すことだったりして。

小さい時から、なるべくいろいろなことをきちんと説明する姿勢できたので、いまでもけっこう「言えばわかる」という状況で助かっています。

とはいうものの、苦いくすりを顔をしかめて飲んでいる姿はかわいそうで、なにかいい方法はないかなあと思っているところに、いつも気になるCMがありました。ゼリー状のものでくすりを包んでしまって、ツルッと飲むというやつ。
一昨日買ってみたんですが、これが思ったより柔らかいゼリー。粉薬を包むなんて到底できませんでした。錠剤だったらいいのかなー。そんなふうには見えなかったけど。

結局粉をゼリーのなかに全部入れてしまい、よーくまぜて、それをスプーンですくって飲み込むというやり方に落ち着きました。これじゃあ、くすり味のゼリーだよねって思って見ていました。

どなたか正しい使い方をご存じですか?

あとは抗生剤など、苦みのある薬の上手な飲み方、知っていたら教えてください。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.28

ひな祭りは延期

子供が生まれたら、季節の行事に敏感になりました。というより、避けては通れないという状況です。
どうせだったらということで、娘の誕生日とおひな祭りには、両家の親と共に会食をしています。実家と嫁ぎ先がそう頻繁に会う理由はなかなかないので、孫が小さくてカワイイうちだけでも一緒に食事ができれば、という気持ちからです。
毎回何を食べに行こうかと楽しみなのですが、今年は娘の熱のために延期となりました。残念だなあ。

食事代はもちろんウチが支払いますが、ジジ・ババはちゃーんとお祝いを包んでもってきてくれます。手みやげ付きで。「手ぶらで来てね」と言っても、「そうはいかないわ。少しだけど」と、相談したように、揃って両方の家からお祝いをいただきます。そりじゃあ、かえって悪いかなあとも思いつつ、ありがたく頂戴しています。へへ。このお金はそのまま子供の預金に積んでいます。
帰りには、お菓子を持って帰ってもらっています。

手みやげとかお返しとか、そんな心配りを、娘にも見ていてほしいなあと思います。

| Comments (0) | TrackBack (0)

夕方になると....(2/27)

朝は「をっ、熱はさほど高くない」と思っていても、夕方になると、なんと39度を超える熱。そういえば、自分が子供の頃も、夕方や夜になると熱が高くなったっけ。「むふふ、明日も学校はお休みだ」と思って寝ると、朝にはすっかりよくなってることもあって、ガックリしたなあ。

それはOLになったときまで変わらず、「ああ、咽がいたーい」という状況になると、続けて、「明日はもっとひどくなるといいなあ」とか願ってみたり。
ただ違うのは、たいしてひどくなっていなくても、「今日はズル休み」とか言って、有休にしたこと。(^^;

金曜日も夕方5時には39度を超えていました。さすがにちょっと苦しそうです。でも、「お腹すいたあ」とか言うんだよなあ。食べようという意欲があるので、まあ安心といえば安心です。量はやっぱりいつもより少ないです。

解熱剤を飲ませて休ませました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.26

無駄な労力....(--#)

040226.jpg

・コロッケ
・ブロッコリー
・にんじんの煮物
・大根と挽肉の煮付け
・のりのごはん

いつもより早く目覚めた朝。「をを、いいぞっ、今日は時間に余裕があるぞ」と思いながら朝ご飯を食べていると、「ん?ちょっと熱い?」。「きゃーーー熱が出てるぅ」ということで、園はお休み。

できあがったお弁当はどーすんの?

| Comments (5) | TrackBack (0)

オテンバ娘(2/25)

040225.jpg

水曜日はお弁当がない半日保育の日です。

*

風邪が完治していないのに、自転車の練習にでかけました。近所に自転車専用の公園があって、車の交通を気にすることなく乗ることが出来ます。現在16インチの補助なしの練習中。まだハンドル操作がぐらぐらしてしまいますねー。


同じクラスのお友達が数人来ていて、自転車そっちのけで、遊ぶ始末。
娘はクラスメイトの男の子の見よう見まねで、金網登り(^^;。
「けっこうオテンバかも」と思った一瞬でした。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.24

がんばるぞっ。エイエイ...??

040224.jpg

・回鍋肉
・いんげんのおかか醤油あえ
・スクランブルエッグ
・煮豆
・おつけもの

「ごはんにはふりかけはかけないで」といわれてしまった。何故だろう?そういえば、今朝のおむすびも、「明太子がなかったら何も入れないでいい」とか言ってたし。それで美味しいのかなー。

写真の赤い四角いモノは、バランです。お友達が下さいました。ディズニーのプリンセスのもの。喜ぶかと思っていれてみました。

*

風邪ひきさんはどうにか熱も下がり、今日は登園できました。よかったあ。
今朝もあまり食欲がなかったように思えたので、「お弁当、多かったら残しておいで!」といいながら送り出しましたが、完食でした。(^^)

*

のどの調子がいまひとつなのか、食事がいつものように進みません。
頭ごなしに「ご飯をしっかり食べなさい」というのもナンなので、「ご飯一杯食べて、お熱なんかふきとばすぞーぉ」と威勢良くかけ声をかけて、握り拳を作って、「エイエイッ....」とやりました。

最後には、娘に「おー」と言ってほしくて、その部分は黙って、握り拳をたかーく上げたら、「バキューン」だって。

がくっ。
「エイエイ、バキューン」は聞いたことないぞっ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.23

医者に行きたがる子

040223.jpg

写真は「かぼちゃとにんじんのスープ」。
お医者様に「暖かいものを飲ませてあげて」と言われたので、スープを作りました。が、娘が飲む頃にはすっかり冷めてしまっているのよねー(--#)。
(写真を追加してみました)

*

ああ、昨日の夕方から娘が熱を出しています。急な温度変化についていかれなかったのか、演奏会を二時間もジッと聞いていての知恵熱か。原因はよくわかりません。

前回お医者様に処方していただいた薬があるので、これで十分なのですが、どうもお医者様に行きたがるのです。めずらしいねー。ともすると、白衣を見ても泣く子もいるのにねー。

小児科の先生とも、歯医者さんとも仲良しの娘。いえね、いろいろなことをおしゃべりするという仲良しさ加減ではなく、信頼をおいており、黙って胸を出すとか、口をあけるという状況です(^^)。
そう、娘は、よくいう「まあ、活発なお子さんね」というタイプではなく、寡黙です。ぺらぺらと自分のことをおしゃべりするのではなく、ジッと相手のことをみるタイプ。
でも、一度信頼を寄せるとどこまでもという感じなので、足繁く行きたがるというワケ。

なんでもいいけど、今日も予定が大狂い。明日は元気になってくれよぉー。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.22

大人数でやる意味

今日はヤマハのお教室の発表会でした。このあたりのお教室数カ所に通う子供達が一堂に会し、日頃の練習の成果を見せてくれました。

今日の演奏は小学生までの子供達で、ヤマハ歴が長い子は、幼児科(年中さん)から続けているのでした。ともかく上手だし、エレクトーンの音の奥の深さに驚きました。
子供達はグループレッスンをしており、自分だけの演奏ではなく、他のこどもとのアンサンブルを楽しんでいます。一台だけでなく、数台(多いときは、8台くらい)での音色はすばらしいものがありました。

娘の先生がおっしゃった言葉に、「ヤマハでのグループレッスンは本当に音楽が楽しいと思えるよい機会。小さい頃に楽しさを体験していると、その後なかなか音楽を辞めない」というのがあります。今日はそれを実感した感じです。

もちろん、ピアノの独奏というのも魅力的ですが、もしかしたら、幼少期はグループという形態ならではの効果もあるのかもと思いながら帰ってきました。
将来、ピアノに進むのか、エレクトーンに進むのかは、娘に決めてもらいましょう。
それまでは母である私の役目は、お教室への送り迎えと、家で復習をさせることでしょうか。

| Comments (0) | TrackBack (0)

アクセスカウンター

あちこちのココログを見ると、けっこうアクセスカウンターがついています。
ずっと気になっていたのですが、さっきつけてみました。
さてさて、どのくらいの数字になるのでしょうか....

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.21

嫌なら行かなくてもいいよ!

新聞記事に出る不登校児を持つ親御さんのお話では、「そんなに嫌なら学校に行かなくてもいいよ」という発言を目にします。これまでは「そうだ、そうなんだよ。親が丸抱えで受け止めなきゃ」なんて思っていたんですが、娘を持ってみて、「そうは言ってみても、どういうタイミングで言うのか、その深刻度を自分は見極められるのか、そもそも私にそんなことを言える度量があるのか」と思うようになりました。

学校での出来事を事細かに報告してくれるような関係だったらまだしも、ひとりでじっと悩んでいたりしたら、その後ろ姿だけをみて、娘のが悩んでいることを見抜けるのかと思ってしまって。

幼稚園児の今だって、朝起き抜けに、「幼稚園いきたくなーい」とか言う娘。その真意をどう見極めるのか。もちろん、まだまだちょっと言ってみたという程度のことですが、そこで、「あら、そうなの。どうする?」と言うのか、「そんなこと言ってないで、さっ、早くお支度しなさい」と言うのか、「えーーーー、どうしたの?なにかあったの?」と言うのかでは、対応がぜんぜん違うと思うのよねー。

子育てって体力勝負って思っていたんですが、最近は頭も使ってますです。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.20

ミニ送別会

040220.jpg

・ハンバーグ
・春雨と野菜の炒め物
・ぶりの照り焼き
・煮豆
・梅干しとふりかけのごはん

春に転勤が決まった友人を送るためのランチ会をやりました。
久しぶりにゆっくりおしゃべりし、別れを告げました。
ゆったりした時間が持てて、嬉しかったです。さようなら..ね。

ランチのメニュー
・パエリア
・手羽中の唐揚げ
・かぼちゃとさつまいものサラダ
・大豆のトマト煮
・春野菜のきんぴら
・野菜サラダ
・ブロッコリーのスープ
・ジャスミンティー

友人がガトーショコラとマドレーヌを作って持ってきてくれました。

| Comments (2) | TrackBack (0)

寝る前にすること(2/19)

040219.jpg

・ミートボール
・スクランブルエッグ
・ほうれん草の炒め物
・かぼちゃの煮物
・柴漬け

寝る前に必ずすることは「トイレにいくこと」ですが、もうひとつは片づけです。リビングにおもちゃが出しっぱなしになっていると気持ち悪い私。「片づけてぇー」命令が発令されると、娘はしぶしぶ自分の荷物をまとめて自分の部屋へ。

でも、どうしてもリビングに置いておきたいモノは、私の目を盗んで、こっそり部屋のすみに隠してあったり、私のパソコンの脇に置いてみたり。あの手この手を使って応戦しています。

まっ、ともかく片づける習慣作りの時代ということで、戦いはまだまだ続きます。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.18

英語でしゃべらナイト

最近気になっている番組です。OLの時はながーーーいこと英語のレッスンに通っていましたが、モノにならず(--#)。ひとつのコンプレックスでもあります。もっと英語ができるようになりたーいとずっと思っています。←じゃあ、勉強しろやって感じですが。

娘が生まれてから、英語の勉強する機会もなく、そのままほったらかしになっていましたが、最近この番組を見て、「あっ、またちょっと勉強したいなあ」とか思っています。
この番組、毎回テーマがあって、とっても面白いです。

2/9の放送では、世界をまたにかけて活躍するシェフ、松久信幸さんでした。数年前に青山に「NOBU TOKYO」ができましたが、ああ、行ってみたいと思いつつ、機会に恵まれず。
その前は、いま話題のラストサムライの渡辺謙に英語を教えたというプロデューサーが出たりして。

文法を勉強するなどの内容ではなく、いろいろな人をゲストに迎えて、その人の英語に対するがんばりを聞いたりするもの。なんか世界で活躍する人の姿勢もかいま見えて、元気をもらえることもしばしば。

さて、英語ですが、どこからやり始めたらいいんでしょうかねー。どなたかご教授を。
NHKのラジオ?テレビ?.....ああ、続けられるだろうか。えっ?本当に勉強しようと思ってるかって?はい、思ってます。

英語でしゃべらナイト

| Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.17

シンプル & パワフル

040217.jpg

・コロッケ
・牛肉とごぼうの柳川風煮込み
・じゃがいもとにんじんとせりのきんぴら
・煮豆
・いちご

ピーマンとかいんげんとか、青い物をいれようと思っていたけど、メンドクサクなって終わりにしました。(^^;

*

いつも読んでいる某女史のメルマガに、とある人の言葉が引用されていました。(←なんのMLだか、まったく意味不明ですね)
それは、「頭がシンプルに整理されている人ほど、行動はパワフルじゃん。」というもの。

目標が定まったり、悩みが解消されたりすると、突然行動的になるってあります。
モヤモヤしていないないで、いつも気持ちの中を整理するってことですね。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.16

面倒みるヨ!

今日は昨日が作品展だったために、園はお休み。
年中さんのお友達二組と遊びに行きました。

私が食事をしたお会計をしている最中に、トイレに行くと言い出す娘。ちょうど他のお母さんが行っていたので、一人でいかせることに。(最近は物騒な事件が多いので、外出先でのトイレは必ず付き添うようにしています。)

会計を済ませてトイレにいくと、ちょうど娘がはいるところでした。驚いたことに、年中さんのお子さんがひとり一緒に入ってくれています。私の姿をみると、そのお子さんは、「ここにいるよ。一緒にはいるからね」と言うのです。

えーーーー、たった一歳違いで、こんなにおねーちゃんになるのねー。
なんだかびっくりしてしまいました。

そのお子さんはふだんから娘とよく遊んでくれて、もちろん他の年少さんの面倒もよく見てくれます。
ときどきお迎えにいく私をみつけると、「○○ママあ」と遠くからでも手をふってくれて、本当にステキなかわいらしいお嬢さん。

娘もあんなふうに育ってくれないかしらん。(^^)

| Comments (0) | TrackBack (0)

幼稚園の作品展(2/15)

040215.jpg

年に一度の作品展でした。年少の娘は入園してからこれまでの間に作った作品を、先生が選んでくださって、ディスプレイしてくださっていました。ある子は春に書いた絵が、ある子は夏に書いた絵がかけられていました。

うーん、成長したなあ。

お部屋には同時に年中さんと年長さんの作品も飾られており、来年、再来年はこんなふうなものも書けるようになるのねーと思ったりして。

写真は「虹(空想の世界)」と題した作品。写真では何がなんだかよく見えませんけど、一応雰囲気まで。

*

ところで、今日久しぶりにお友達にあったら、転勤が決まったとのお知らせ。3月下旬にお引っ越しなさるとのこと。このお友達とは入園前のプレ幼稚園からのおつきあいで、いろいろと相談にのってもらった間柄。ちょっと寂しいなあ。
これまでいろいろとよくしてくださって、本当にありがとう。どうぞお元気で。

| Comments (0) | TrackBack (0)

音楽の絵本-ズーラシアンブラス・弦うさぎ(2/14)

040214.jpg

友人に誘われて、「子供向けのクラシックコンサート」に行きました。内容をよく把握せずにいったら、なんとびっくり、演奏家たちは、みんな動物の頭をかぶって出てくるのでした。

ズーラシアという横浜の動物園にいる、インドライオン(トランペット)、ドゥクラングール(トランペット)、マレーパク(ホルン)、スマトラトラ(トロンボーン)、ホッキョクグマ(チューバ)、オカピ(指揮)という面々。
となりのトトロのテーマや、ジュ・トゥ・ヴ、闘牛士のマンボなど、なじみのある楽曲を演奏してくれました。

子供向けとなっているので、会場は小さなお友達がいっぱいで、話し声や鳴き声なんかも聞こえちゃいますが、それは多めに見てねということで、和気藹々の雰囲気。

そして、ズーラシアンブラスに加えて、弦(つる)うさぎといバイオリン二台とビオラとチェロの出演もありました。かわいらしいドレスを着たうさぎさんが、美しいバイオリンを聞かせてくれました。

最初は「ギョッ」とし、「なんだあ、これ」とか思っていましたが、演奏は本物で、だんだんと引き込まれていきます。子供達もジッと見ていました。
ズーラシアでは月例の演奏会もやっているようです。またぜひ聴きに行きたいと思います。

サイン会をやってくれました。写真はその一枚。

ズーラシアンブラス公式サイト

| Comments (0) | TrackBack (0)

色気づく?(2/13)

040213.jpg

・からあげ
・かぼちゃの煮物
・きんぴら
・ほうれんそうのごま和え
・わかめさけ混ぜご飯
・いちご

*

お風呂から出るとドライヤーで髪を乾かしてやりますが、いいかげん長くなってきているので、食事をするにも、眠るにもちょっとじゃまになっています。そんなわけで、最近は三つ編みにしちゃいます。

翌朝は、これが綺麗なソバージュになるんです。娘はいまこれがお気に入り!

園には、三つ編みをほどいて、頭のてっぺんあたりで二つに結っていきますが、ふわふわと髪が踊って嬉しいらしいです。女だねー。

うっかり夜に三つ編みを忘れると、朝の洗面台では怒りモードのお嬢さんが居座ることになり、母としては朝から「今日はストレートで我慢しなさい」と、面倒な説得をせねばなりません。はあ。

たった4歳なのに、もう自分がどう見えるかを気にしてる。なんだかすごいっ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.12

合い言葉は....

040212.jpg

・ハンバーグ
・アスパラ
・卵焼き
・じゃがいもと挽肉の炒め物
・ごはんには梅干し
・りんご

「梅干しは二種類ね」のリクエストに応えて。塩分大丈夫かあ?(^^)

*

階段をとんトントンとあがっていくと、一番上のところで、仁王立ちして通せんぼしている娘。

娘「合い言葉がいるのよ」
私「ふーん」
娘「○○ちゃーん(自分の名前を言う)」
私「♪だいすーき♪。はい、通してよ」

娘「だめー、合い言葉は、○○ちゃん、♪だいすーき♪、○○ちゃん、♪かわいいっ♪」
私「がくっ。なんだか褒めすぎの合い言葉だねー」

その後リビングの入り口で一回、キッチンの入り口で一回、合い言葉を言わされる。
不自由な家だこと!

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.11

杉田あきひろ名曲コンサート

すきたあきひろって誰よ?とか言ってる人いませんか?やだなー、NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」の第9代の歌のお兄さんですよー。
2003年の3月いっぱいで番組を卒業し、いまでは小規模ホールでのファミリーコンサートや、「いい歌を歌い継ぐ」と題した名曲コンサートなど、独自の活動を開始したようです。

人間なにかを失うと急にその大切さに気が付くものです。娘と毎朝ごくごく当たり前に番組を見ながら歌を歌っているときには、まったくわからなかったのですが、メンバーチェンジになったとたんに、「あら、実は、お兄さんってとってもステキだった?」と気が付きました。←遅いっ!

今日は第一回目の「名曲コンサート」にでかけてきました。あきひろサンのこれまでの人生を振り返りながら、その状況にマッチする曲を歌うという趣向で、ゲストとして、ピアノの国府弘子、サックス織田浩司、ドラムヒダノ修一各氏がみえていました。

ひとことで言って、いつもの明るい気のいいあきひろサンのコンサートではなく、これから進むべき道を決めるための大事な一歩を印すための儀式のようでした。両親への感謝の気持ちや、歌や仕事に対する取り組む姿勢などにも言及し、ある意味、丸裸になるかごとく、幼いころからの生い立ちを披露していきました。

まあ、超メジャーではないけれど、いわゆる芸能人なので、そんなにまで私生活を出さなくてもと思いましたが、やっぱり「はじまり」というタイトルにも現れているように、彼にとってこれが第一歩なんだと思いました。

やりたいと思う仕事にとことん取り組む姿勢は、すがすがしささえ感じ、つくづく「歌が好きなのねー」と思いました。

泣いたり、笑ったり、とってもステキな3時間でした。(そう、実に3時間のコンサートだったのです)ステキという言葉では軽すぎる、濃い時間だったなあ。

「娘が大好きな歌のお兄さん」からはわからないような一面が見られて、しばらくは彼が出演するものは見ようと、小さな小さな決意をして帰ってきました。
娘には今日のコンサートのことはナイショ。だって、子供は入場できないものだったから。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.10

富士急ハイランド

040210.jpg

実は、今日は幼稚園をオサボリさせました(^^;。でですね、スケートなんぞに連れていったのです。うちの近所にもリンクがあるらしいのですが、せっかくの平日の外出なので、ドライブを兼ねて、富士急ハイランドまででかけて来ました。

私も夫もスケートはざっと20年ぶりくらいなので(ひぇー(--#))、氷の上に乗るのもどきどき。加えて今日がスケートデビューの娘を支えてやらねばなりません。どーなることか....と思いましたが、どうにか転ばずに立てました。ほっ。

娘はやるきマンマンで、親が交代でお休みしていても、「すべるー」といいながら何度も何度もリンクに向かいます。おかげで、3時間もすると、手をつないでどうにか移動できるくらいになりました。
子供の能力ってスゴイッと驚きました。

休憩しながら、4時間くらいを過ごし、ハム太郎の乗り物とコーヒーカップに乗って帰ってきました。

いやー、楽しい1日でした。
きっと私は明日筋肉痛だ。いや、あさってかも(--#)。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.09

じゃがいもグラタン

040209.jpg

・つくね
・ブロッコリーの炒め
・こんにゃくの煮物
・じゃがいもグラタン
・ごはんには梅干し
・いちご

お弁当に入りきらなかったつくねをパクッと食べた夫が、「うーーーん、これはおいしい!」といたく感激しているようす。ごめんね、冷凍食品だよー。

*

今日はじゃがいものグラタンを入れてみました。じゃがいもを薄くスライス(食べやすい大きさに)してレンジで二分ほどチンしておきました。アルミカップに入れて、上から「キューピー・パン工房・コーン&マヨネーズ」をかけます。
オーブントースターで焦げ目がつくまでやきます。
できあがり!

とっても簡単です。マヨネーズの味がちょっと濃いので、もしかしたらホワイトソースなどを使った方がよりグラタン的かもと思いました。でも、お手軽さでは○。

| Comments (0) | TrackBack (0)

どらえもんのエンディングソング(2/6)

040206.jpg

・ハンバーグ
・焼きしゃけ
・ほうれん草とベーコンの卵とじ
・ピーマンの炒め
・ごはんには梅干しと柴漬け
・いちご

*

♪虹をむすんで空のリボン♪....と突然娘が歌っています。「へー、ステキな歌ねー」と聞くと、どらえもんのエンディングだそうな。これまで娘とみていましたが、歌詞なんてまったく頭に残っていません。はあ、年齢の違いでしょうかねー。やる気の違いでしょうかねー。

金曜日の放送はビデオに録画して、エンディングテーマを何度か聞きましたが、覚えられず。はあ。やっぱりトシのせいだと思われます。(--#)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.05

あらしのよるに

040205.jpg


・そぼろ卵ごはん
・ウィンナー(たこバージョン)
・いんげんのごま和え
・柴漬け

もうひとつおかずを入れようと思っていたけどスペースがなくなったので、やめ!タコには黒ごまで目をつけたたけど、面倒な作業です(^^;。

*

あらしのよるにという絵本があります。全6巻で、この写真はその2巻目です。

おおかみとひつじがあらしのよるに偶然出会い、友達になるお話です。最終巻まで食うか食われるかという緊迫感が常につきまとい、はらはらする展開です。

この本を知ったきっかけは、私が毎日読んでいるメールマガジンの作者さんが「とてもいい」と紹介していたことです。実は、私、その人が薦める本は結構読んでいて、これも早速一巻目だけを買いました。

続けて読みたいと思ってはいたけど、一冊1000円もするので、まとめて買うと5000円かあなんてケチなことを考えていて、そのままになっていました。
そんな折り、「クリスマスプレゼントは何がほしいの?」とおばあちゃんが聞いてくれました。「そうだ。ぜひお願いしよう」と思い立ち、買っていただきました。

夜寝る前に一冊ずつ読んでいきます。何を読むかは娘が決めているので、私が「ねーねー、あらしのよるにの続きを読もうよお」と言っても、採用してくれないことも多く。なかなか続きを読めませんでした。

そうして、長い時間がかかって、とうとう最終巻までたどりつきました。
読んでる途中で涙が出てきて、目から耳元へ伝って流れていきます。声が震えてしまって、途中長すぎる間をおかないと次へ進めません。娘が「どうしたの?」と聞かないかと思いながら、がんばって読みました。
(聞いてきたら自分の今の感動をちゃんと伝えようと思っていたんだけどね。聞きませんでしたよ。)

友情ってなんだろう?
そう、ある時はなにかを失っても守りたいもの。それが大切な友達なんだと思います。

4才児にはちょっと難しいかもしれないけれど、これは本当にお薦めの6冊です。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.04

豆まき

040204.jpg

幼稚園でも豆まき。豆の入れ物を作るところから始めたとのこと。早速帰ってくると、うちでの豆まき用に準備をしてくれました。
でもね、うちは三人家族だぞよ。多すぎやしませんか(^^;。

娘、園での豆まきの様子を語るかたるカタル....。

鬼さんが、杖をどしんどしんと突きながら入ってきたの。
最初は私はしゃがんで、じっと隠れていたの。でも、立ち上がって、えいっって、鬼はそとぉーーーってお豆をぶつけたの。

そしたら、鬼さん、急にいい鬼になっちゃったのぉー。

-----(母の合いの手)ふーん、それで?-----

で、鬼さんと一緒に写真を撮ったよ...。

-----(母思わず大笑い)えーー、写真ー?---

そっ、写真。

-----(母、聞いてみる)でさ、鬼は誰だったの?----

しらなーい。だって、顔見えなかったもーん。

知りたいなー。園児200人くらいに豆をぶつけられた鬼の役の人.....。

| Comments (0) | TrackBack (0)

にんじんの甘みが出て美味(2/3)

040203.jpg

・ミートボール
・ベビーコーンのベーコン巻き
・にんじんの明太子炒め
・ピーマンの炒め

お弁当を温めるので、トマトが入れられなくなり、「なにか赤いものはないか」と困っていたら、お友達が「にんじんとたらこと炒めるといいわよ」と教えてくれました。早速明太子を使ってやってみました。にんじんの甘みが出ておいしい。明太子の辛さはまったく飛んでしまいました。味付けは、塩だけです。私は最後にごま油をたら~りと使いました。

*

今日は人に会う約束があって、ちょっと出かけてきました。
もやもやと考えたり、悩んだりしていたことが、スッと解消。根本的な解決ではないけれど、とりあえずの目鼻はついたという感じです。ヨカッタ。

困ったときは多くの人に会っていろいろと聞いてみるのは○。新年会の時もいつもは会えない人と話をして、心がだいぶ元気になりました。

ひとつ印象的だっのは、ある人がその昔に私が出したメールを、「あのメールは嬉しかった」と言ってくれたこと。自分も覚えていないような何気ないご挨拶メールだったはずなのだけど、印象的だったようです。
なにかを褒めてもらえると、こんなに気持ちが前向きになるのかと驚きました。

きっと困ったり悩んだりしているときは、自分に自信がなくなっているときなのかもしれません。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.02

力作!オムライス...なのだが

040202.jpg

・オムライス
・しゅうまい
・ブロッコリーの炒め
・ちくわのチーズ詰め
・いちご

オムライスは味が薄かったらしく、残してきました。手間かけたのにちょっとガックリ。朝のオムライスの残りを夕食で私が食べていたら、娘は、「ママ、ごめんね。今日はお弁当残してきて」だって。いいとこあるね。許しちゃおう!

*

日本テレビで21:00から、スーパーテレビ「今、あなたは正しい日本語を使っていますか」という番組をやっていました。このところ、日本語に関する本がヒットしたり、幼児向けテレビ番組で落語の「じゅげむ」が流れて、口も回らない子供が、「じゅげむじゅげむ」と口ずさんでいたりと、にわかに日本語に注目が集まっている気がします。

番組では、間違えやすい読み方や、渋谷あたりを徘徊する若い子達があやつる「ギャル語」などに焦点を当てていましたが、一方女性講談師やいま話題の斉藤孝先生が登場するなど、なかなか興味深い内容でした。

そういえば、私がその昔パソコンやワープロのインストラクターをしていたときには、どういう言葉で話すとわかりやすいのか、多くの言葉を使う事なく、的確に表現するにはどうしたらいいかをずいぶん考えていたように思います。
また、声のトーンや、口の開け方や、立ち位置なども大いに関係があって、なかなか難しかったのを覚えています。

後輩はアンケートに、「声が高すぎて聞きづらかった」と書かれ、落ち込んでいたこともありました。ニューステーションの久米宏は、小宮悦子に「もっと低い声で読むように」と指示したとか。キャスターの声ひとつにも、時流というものがあるのかもしれません。
そういえば、テレビ朝日の「やじうまプラス」では、7時45分くらいから、女性キャスターが新聞の記事を読むコーナーがあります。私はこの人の声が高すぎるのと、スピードが速すぎるのと、個人的なコメントがしっくりこないのとで、見ているのが苦痛です。
男性アナウンサーが読む記事はまったく違和感がないんですけどねー。
というわけで、ウチでは7時45分になると、チャンネルは3番に変わるのでした。

子供と言えば、「落語の読み聞かせ」がいいとのことでした。、クレヨンハウスでは数種類の落語の絵本が出ています。興味があるので、いっちょ買ってみるか...というところ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

ああ、ねむ。

ただいま、午前1時50分です。

今日(正しくは昨日)は仕事仲間との新年会でした。
久しぶりに終電近くの電車に乗りました。日曜日だっため、少し終電時間が早かったみたいです。

久しぶりに友達と話しができて楽しかったし、参考になりました。
もっと真剣に話をしたかった人がいたのに、気が付いたら帰路についていました。
どーしてだろう?(^^)

喧噪の中で大声でおしゃべりして、大笑いしっぱなしだったので、のどが痛いです。

とりあえずこれだけ書いて、寝ることにします。
お休みなさい!

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.01

週末の掃除(1/31分の日記よ)

うちは土曜日と日曜日に特に外出がないと、午前中はお掃除にあてます。というか、夫が率先して掃除を初めてくれるのですが、なかなか丁寧にやってくれるので(丁寧すぎて時間がかかるという噂あり(^^)。)、私がひとりでフラフラしたり、コーヒーを飲んだりしていては悪いかなーと思って、平日はあんまり念入りにやらないところの掃除をします。

例えば、マット(じゅうたん)をベランダに干してみたり、ガラスを拭いてみたり、キッチンの流しを磨いてみたりね。

大雑把な段取りは、ダスキンのハンディモップでほこりをとる→掃除機をかける→クイックルワイパーで拭く(ウェット)というもの。
時間は私の軽く倍はかかります。
よく言えば丁寧。(悪く言うと手際が悪い。あっ、ここは丁寧ということにしましょう。そんな悪口はいけません)

まっ、ともかくウチはいつもキレイで気持ちよいです。

*

ここ数ヶ月はクイックルワイパーのウェットタイプを使っていたんですが、先日ワックスがついた紙を見つけました。クイックルワイパーのメーカーではないんですが、私が愛用しているワックス(AUROといいます)で、それがしみこんだ紙なのです。

これはいいなー。水拭きしながらワックスが塗れる。

だけどね、今日使ってみたら、紙一枚で全部の部屋を拭くのはちょっと無理みたい。ワックス重視ならは二枚要るかな。
しっかりワックスがけしたいのならば、従来の方法をせねばならないということですね。はい、そろそろちゃんとやります!

| Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2004 | Main | March 2004 »