« March 2004 | Main | May 2004 »

2004.04.28

オカシナお天気

040428.jpg

「今日は晴れます」という天気予報のハズなのに、洗濯物を干そうかなあという時間に、一天かき曇り、雷・大雨という状況。
えーん、靴も乾かないじゃないかあ。

ところが、お昼を終えたら、陽が差してきました。
写真はウチのせまーいベランダから見える空です。

明日からゴールデンウィーク突入です。30日は娘も夫もお休みなので、7連休です。
さてさて、何をして過ごそうかしらん?と思いますが、なにかと予定があって、前半は出たり入ったりと忙しくなりそうです。

みなさんもステキなお休みをお過ごしください。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.27

今日のお弁当

040427.jpg

今日も「いっちょやるか」ってことで、うさぎさんを作ってみました。うずらの卵をゆでて切るだけなので、簡単カンタン!
ドライカレーなので、色味がどうしても茶色っぽくなってしまうので、卵の黄身の鮮やかな黄色は貴重です。

・ドライカレー(タマネギ・人参・ピーマン・ぶたひき・うずらの卵)
・焼きじゃけ
・ブロッコリー
・ミニトマト
・すいか

夏には少し早いけど、すいかをデザートに入れました。食べやすいように小さく切って、見えているところの種はぜんぶとって。けっこう甘くて美味しかったです。

---

帰宅後、例によって聞いてみました。

私「今日のお弁当はなんだった?」
娘「えー、わかんない」
私「うさぎだよ」
娘「えー、そうなの?わからなかったよ」
私「ひょっとしてぐちゃぐちゃだった?」とデジカメの写真を見せる
娘「ああ、耳がこっちとこっちになってた」
私「あああああ、耳が動いてしまったのね。がっくり」
娘「もっとギューと穴にいれなきゃ」
私「はい、ごもっもとです」

そんなわけで、子供の背中のがたがたと揺れるリュックに入れたお弁当なんて、こんなもんであることが判明。
うさぎの顔はぎゅっと埋め込んだのだけど、耳は崩れそうだったので、軽く押さえた程度だったのね。やっぱりダメね。

| Comments (1) | TrackBack (1)

そんな反応かい...?

昨日のクマさんごはんは、あんまりべっぴんさんではないけれど、手をかけて作ったという思い(いえ、いつもよりほんの5分くらい、海苔を切る手間ってくらいです)があって、娘が帰るなり玄関先で聞きました。

私「ねーねー、今日のお弁当何がはいってた?」
娘「....(え?なんのこと?というような顔つき)」
私「ほら、なんかいたでしょう?」
娘「い......ぬ?」
私「えーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、犬だと思ったのぉー。えーーあれは、クマでしょう」
娘「え、クマか犬かわかんなかったよぉー」
私「......クマさんよ、立派な。く・ま・」
娘「...ふーん」

あーん、なんなのその反応は!
くそっ、いつかリベンジだっ。

| Comments (3) | TrackBack (0)

2004.04.26

今日のお弁当

040426.jpg

やっとお弁当が始まりました。はあ、半日保育が長かった。
これで日中ゆっくりとパソコン作業に時間がとれるというものです。
娘が生まれたときに、「しばらくは、子供とべったりの時間を過ごそう」と思っていたのに、園生活に親も慣れてくれると、「もう少し長く行っててくれないかな」なんて思うのです。
勝手だよな!

で、今日のメニュー。

・くまさんご飯
・ウィンナー(キティちゃんバージョン)
・いんげんのおかか醤油あえ
・ゆで卵
・わかめとピーマンの炒め物
・ミニトマト
・いちご

先週末届いた本の付録に、クマとサカナの型抜きがありました。早速使ってみました。
けっこうごはんの量がはいるので、ちょっとびっくり。
それにしても稚拙な飾り付けです。のりを一生懸命切ってみましたが、ブッサイクだねー。
研究の余地あり!

| Comments (4) | TrackBack (0)

2004.04.25

心許せる友達

娘が年中に進級して一ヶ月弱。まだまだ仲良しのお友達は見つかっていないみたいです。ぼちぼちやればいいと思っています。

ただ、最近よく名前が出てくる男の子がいます。荷物をしまっておくロッカーを一緒に使っている子のようです。
懇談会のときも、終了直後にこの子のお母さんが声をかけてくださり、男の子がなにかと娘のことをきにかけてくれているとのこと。うれしかったです。
実は、この子にはおねーちゃんがいて、去年はは同じ園バスに乗っていました。延長保育や長期休みの預かり保育などで一緒になると、娘と遊んでくれていたようです。
弟さんは今年から入園しましたが、偶然にもロッカーが一緒だったというわけです。

娘は自分から「あそぼ」となかなか言えないシャイな子です。私に似ずに(^^;。
この男の子と仲良くできるのは、相手が娘のことをいろいろと気にかけてくれているからだと思います。

そうなんです、人はみな相手が自分のことを大切に想ってくれていると感じれば、自然と心を開けるというもの。

たった4歳の子供の人間関係ですが、これからの人づきあいの基本をすでに経験しているのだなあと、「こりゃ、ちょっとすごい」と思ったのでした。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.24

ミュージカル「アニー」

見に行ってきました。たった今まで気が付きませんでしたが、今日が初日でしたね。どうもサンディーという名物の犬が落ち着きないなーとおもったよ。

でもでも、今回はすばらしい舞台でした。去年と今年の比較しかできませんが、去年よりずっとずっとよかったです。
タップダンスの名場面があるのですが、演出も振り付けもそれはそれはステキでした。すっかり夢中になりました。なんだかあちこちで、「ああ、ここもいい、去年よりずっといい」と心の中で言い続けていた気がします。

アニーというミュージカルは去年見に行くまでは、オーディションの風景を取材した番組を見るのが楽しみでした。「きゃー、すごっ」と、「こんな小さいこどもがすごい決意で臨んでいるんだわあ」と、まったくの野次馬根性で見ていました。
でもそういう背景をちらりとみているので、子供達それぞれが本当に努力して今日を迎えているんだろうなあと思い、そんなことも手伝って一層舞台が輝いて見えるのかもしれません。

娘がだいぶ大きくなって、おとなしく座っていられるようになると共に、映画や舞台に連れていくようになり、アニーもそのひとつに入りました。
舞台をみて、「なにか」を感じてくれたらいいなー。

それにしてもウォーバックスさんですが、ファンファンがいいな!

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.22

ヤマハの「なかよし」コース終了

今日をもってなかよしコースがおわりました。約一年間ズバリ「音を楽しむ」ことをやってきました。今日はこれまでのおさらいのように、これまで聞いてきたいろいろな音をたくさん振り返りました。

先生のおかげで、娘は週一回のレッスンをそれはそれは楽しみにしており、「来週は歌を一人ずつ歌いましょう」と言われれば、教材のCDを聞いて練習する有様。この予習・復習の習慣は、きっと次のコースに行ってから、多いに役立つハズ。いよいよ鍵盤コースに突入です。

発表会を見ていると、一年先にはけっこうな曲が弾けるようになっているらしいです。本当に今から楽しみです。娘がエレクトーンを弾いている様子を見ていたら、なんだか自分まで弾きたくなってしまって。
小学生の頃、ソナチネまでやって辞めてしまったピアノを思い出しました。

やっと音楽を始めたばかりという娘。これからもながーく、楽しく、いいおつきあいを続けてくれるといいなあ。
何処に行っても、何をしていて、音が奏でられるというのは、損にはなりません。私が経験してきた以上に、いろいな国の人との出会いもあるでしょう。友達作りに音や歌は多いに貢献してくれると信じています。

| Comments (2) | TrackBack (0)

簡単ロールキャベツ

ロールキャベツの中身にウィンナーを入れて、スープに缶詰のオニオンスープを使うという「ロールキャベツ」を作ってみました。基本的にオニオンスープが好きだったらイケルと思います。挽肉のコネコネもないし、お手軽かも。

スープには、マカロニとかスパゲティとかちょっとしたパスタを入れるというのもアイデアのようです。ちなみに私はスパゲティを使ったのですが、時間が経過すると水分を吸ってしまうので、マカロニ系の方がいいかもしれません。レシピでは「アルファベット」のマカロニを使っていました。あの小さいヤツですね。

じっくり煮込んだうまみは期待できませんけど、チャチャと作るおかずとしては○。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.20

今日のお弁当

040420.jpg

今日は延長保育なのでお弁当アリです。
最近やっと幼稚園にも慣れてきた娘です。すでに去年一年通っているので、いまさら慣れるでもないのですが、やはりクラス替えなどがあって、お友達の顔ぶれや、担任の先生が替わったりで、雰囲気も少し違うみたいです。大人でも新学期ってちょっと心改まるもの。こどもだって小さな緊張を続けているのだと思います。

でも、そんな緊張状態の中での延長保育。私って鬼母かも...ふふふ。
ごめんねー>娘

・鶏の唐揚げ(今日は作ったゾッ!)
・卵焼き
・サヤエンドウとほたての卵とじ
・ブロッコリー
・ミニトマト
・竹の子ご飯
・いちご

-------

アップしたあとに、つらつらと前の記事を見ていたら...。
ああああ、今週火曜日のお弁当とおかずが同じだあ。
実は今日はハンバーグを入れようと思っていたんだけど、昨日ささみが残ったので、下味をつけて冷蔵しておきました。で、朝唐揚げに。

うーむ。重ね重ね、ごめんよ>娘
炊き込みご飯でチャラにしてねー。


| Comments (0) | TrackBack (1)

2004.04.19

お弁当にかかる時間

朝は朝食のしたくとお弁当作りと、なにかと忙しい時間を過ごさなければなりません。ごはんをのり弁にしようと思うと、覚悟がいります。だって、小さくきざんだのりを、ご飯の真ん中に敷き詰めないといけませんからねー。幼児向けのお弁当は、おいしいことや栄養面での配慮もさることながら、食べやすいとか食べきれるというのも重要な要素です。
そしてもうひとつ忘れてはいけないことは、「食べる気にさせる」こと。
私の理想は、お弁当のふたを開けたら、「わあ」と思ってもらえること。そのためには、いろいろな工夫をすべきでしょうが、到底アンパンマンの顔なんてのは作れそうにありません。

が、今日はお弁当サイトを探してウロウロしていたら、すばらしいものに出会いました。ちょっとすごいぞっ。

こどもが喜ぶお弁当

| Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.18

顧客満足って?

photo1-240.jpg

photo5.-240jpg.jpg


4/8の記事にて、お弁当コンテストが開催される旨をご紹介しました。結局ひとり二作品まで応募可能でしたので、私も二品作ってみました。ひとつ作ったけど、なんか満足できずに、もうひとつ作ったという次第。大満足の出来ではないけれど、まあ、こんなもんかな。

ところで、このコンテストですが、ちょっと納得いかないことがいくつかあります。
まず、作品写真をwebサイトから送信するのですが、必要事項を記入して、「次へ」ボタンを押すと、「送信完了しました」みたいなメッセージが出て、終わってしまいました。「ありゃ、記入事項の確認でしょう、普通は」と思って、なんだかなーです。

その後係の人から、「ご応募ありがとうございました」というひとこともない。本当に私の写真届いたの?と不安な気持ちのまま、現在に至ります。
だって、私なんて、今回発売のお弁当箱をわざわざ買いに行って、材料買って作っているんです。写真一枚が送れなかったなんて、しゃれになりません。

そして、とっても大事なことですが、結果発表がいったいいつになるのか、どこにも書いていません。告知のページにいくと、「本イベントは終了しました」とか記載されていて、なかなか人をバカにしていて感激です(^^;。

思うのですが、本当にお客からなにか提供して欲しいと思っているのだったら、きちんとアフターフォローをすべきです。
通常のメールにしたってそうです。インターネットのメールなんて、どこで落ちちゃうかわからないし、相手が満杯のメールを受け取っていて、本当に読んでいてくれるかわからない状態なので、「届きました。処理しますよ」くらいの返信があってもやりすぎということはないんですよ。

そういう意味では、伊勢丹は今回のイベントは完全に失敗です。少なくともここにひとり、多いに不満をもった顧客がいるということです。
これで私が選外だったら、もう本当に怒っちゃうぞ(^^)。←あっ、違う問題か。あっはっは。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2004.04.17

はなみずき

20040417_1525_000.jpg

この家を建てるときに、中庭にはなみずきの木を植えました。色は赤と聞いているのですが、去年はあんまりたくさんの花をつけませんでした。
きっと植え替えた年だから....と思っていました。

今年は、まさに今、わらわらと緑の葉っぱが出てきています。「うわあ、成長してるぅ」と思わず言っちゃうほど。
でも、花が咲かない(ただ、花だと思っている部分は実は総苞片というそうだ)。

今日は近所の公園に行ったら、キレイに咲いていたので、携帯カメラで一枚パシャ。
うちの子の花はいつ?(^^)


| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.16

今日のお弁当

040416.jpg

久しぶりにお弁当を作りました。まだ午前保育なので、基本的にはお弁当はないのですが、今日は延長保育をお願いするために持たせています。

・鶏の唐揚げ
・タケノコとわかめの煮物
・ほうれん草のおかか和え
・卵焼き
・ミニトマト
・いちご

最近写真をうまく撮る方法を模索中です。
私が持っているもうひとつのココログにて、その試行錯誤の様子が見られます。(^^;
いろいろな方からアドバイスコメントをいただいています。
よかったらご覧ください。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.15

ああ、大きくなったあと感じる時

最近つくづくと娘の成長を感じます。例えばこんな時....

・「だっこしてー」といわれて、立ったままだと二分が限界
・お風呂に入ると、私は何もしなくてよい。娘は自分で体も髪も洗える。
・私より早くお風呂を出て、私が出たときは、パジャマを着ている。をを、すはらしい!
・園のスモッグを着せたら、丈がやけに短い
・春休みが終わって園の制服を着せたら、ん?スカートからパンツ見えそう!?
・レインコートを着せたら、あらら、去年はひきづりそうだったのに、ちょうどよい。
・ごはんの分量が少し増えた気がする。ご飯を炊く量が多くなった。
・お皿に盛るおかずの量も増量中
・雨の中、レインコートと長靴で、傘をさしてスーパーまで。往復2~30分を歩く。


しかし、まだまだ赤ちゃんだねーと思う時もある。

・夜寝るときに、指しゃぶりしちゃう。
「やめようよ」と言うと、「どうしても指がお口にはいっちゃう」「指をしゃぶらないと寝られなーい」とか言う。
・トイレから、「ママあ、ウンチでたー」と叫ぶ。自分で拭け!
・食べるのが面倒になると、「手伝ってください」と言う。
・園バスに乗り込むときに、「やー、いかなーい」とか突然ワケわからなくダダをこねてみる。だが、一瞬でおわり。すぐに気を取り直して乗り込む。

うふふ、まだまだ面白い4才児。

| Comments (4) | TrackBack (1)

2004.04.14

がんはらなくていいよ!

数日前に、ちょっとお腹を壊した娘。多分冷えてしまったのでは?と思って、着るものに注意して、飲み物も温かいものと気を使い、子供用の市販薬(整腸剤)を飲んで、一晩で回復しました。

ところが、昨日は幼稚園で、「お腹が痛い」と先生に訴えたそうです。
そしたら、先生はなんと、こんなお返事をくれたそうです。

「そんなにがんばらなくていいよー。毎日いい子だよ」って。

私、驚いてしまいました。なんてステキな先生だろう!

きっと新学期が始まってすぐなので、神経的な疲れからの腹痛だと判断してくれたのだと思います。事実、私も、「ちょっとそんな気がした」程度だったと思っていますし、先生になにかを言ってみたいとか、注目してほしかったのかななんて思っています。

プレ幼稚園の時に担当だった先生、今年担任に決まったときも、「やったー」と思ったものです。このひとことで、また私の信頼が大きくなりました。

今朝は娘に、「先生にお腹は治りましたって言ってね」と、言っておきました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.13

ぶどうパン

040412.jpg

初挑戦です。ぶどうパン。
チョコチップパンを焼く要領で、チョコをぶどうに変えてやってみました。まずまずの感じです。

ただ、ぶどうの分量が少し多いような気がするので、次回はあと少し減らしてみようかな。

今回のぶどうの量は70グラム。50~60グラム程度でも大丈夫そうです。

| Comments (4) | TrackBack (0)

おかずの使い回し その2

あら、昨日はココログに記事を書き忘れましたねー。どして?ボケてた?

さて、11日の記事に対して、FFへんしゅーちょさんから「素材の使い回しはあっても、おかずはあんまりない」とコメントをいただきました。ふーむ、確かに調理が済んだ形での使い回しって、あまりないのかしら?

で、ちょっと考えてみました。最近の私の冷蔵庫事情!
もっと他にもおかずの使い回しはないものかと。

・野菜炒め系を作るときは、木・金あたりにして、多めに作っておく。残った分は、土・日のランチのラーメンに乗っけたり、焼きそばの具にする。

・大豆と挽肉のトマト煮込みは多めに作り保存。土・日のランチではスパゲティソースにそのまま使う。

・カレーはついつい多めにできてしまう。ホットサンドの具にいれると、アツアツでとっても美味しい。

なんかけっこう普通のことですねー。やっぱりおかずの使い回しって難しいかも。またなにかひらめいたらご紹介させてもらいます。


| Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.11

おかずの使い回し

いかに手間をかけずにおいしいものを食べる(作る)かということは、最近の私の中ではかなり注目度の高いことです。
アンラッキーなことに、夫は料理はさほど上手ではありませんので、私の担当です。一週間の献立を決めてしまい、週末に買い出しにいくというスタイルを長いこと続けています。
娘が幼稚園にはいってからお弁当作りが加わったので、お弁当のおかずまで決めてしまいます。

お弁当作りを一年やってみたら、前の日の夕食とお弁当のおかずをうまく連動させて、献立を作ることができるようになりました。

例えば、日曜日の夜にトンカツをつくり、ひとつだけ揚げないで冷蔵。月曜日の朝はそれを揚げてお弁当へ。
きんぴら、こんにゃくの煮物、肉じゃが、ひじきの煮物、切り干し大根の煮物なども、翌日のお弁当に入ります。
ひじきときんぴらは小分けにして冷凍保存して、以降二週間程度のうちに使います。

ほうれん草や小松菜などの葉物も、ゆでたら少しとってラップして冷凍に。ごま和えや炒め物にしてお弁当に入ります。

夕食にスープを作るときは、コンソメで煮るときに、人参を花の型などでぬいて、一緒に煮ておきさまして冷凍しておきます。
ちょっとした飾りに利用します。

そして、最近「これはいい!」と密かに思っているのが、トンカツを倍量で揚げておき、半分を冷凍保存します。翌週には、自然解凍してタマネギと煮て卵でとじて、カツ煮に仕上げます。
面倒な揚げ物のパン粉つけが一度ですんで、しかも半ばまで調理済みの状態なので、スピードメニューとして活躍してくれます。

朝食の準備で忙しい朝に、お弁当のおかずをイチから作るのはちょっと無理。なにかのついでにプラスαの作業をしておくことで、朝を楽に過ごせるというお話でした。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2004.04.10

屋根の上のバイオリン弾き

舞台を見てきました。市村さん、ステキでした。砂の器に出ていた市村さんは、ちょっと濃すぎる!と思っていましたが、やっぱり舞台人なのねーという感想です。
今日の目的はパーチック役の杉田あきひろさんです。でも、巨匠市村を前にしては、まったく影が薄いといいますか、経験の違いを見せつけられるといいますか。
ちょっといつもの感じではなかったかなー。
市村さんとその妻役の夏木マリのかけあいは、すばらしかったです。
舞台については詳しくないので、細かい感想は書かず、これでおわり。

お出掛けついでに、伊勢丹のオリジナル弁当箱を購入してみました。
思ったより小さいのね。
幼稚園児でも使えそうな感じ。

お客さんの希望を聞いて、一緒に作ったお弁当箱ということだけど、本当にあの形、サイズで使いやすいのぉー?確かにハンドバッグには入れやすいそうな大きさだけど、成人のごはんの量は入らない気がするなー。
ちょっと試しに使ってみよう。

オンリーアイ特製ランチボックス


| Comments (5) | TrackBack (0)

始業式

昨日は幼稚園の始業式。
いつもはバス通園ですが、昨日は送っていき、一緒に帰るってもの。なんでーという母の叫びをたくさん聞きました(^^;。

まっ、それはいいとして。

新クラス、新先生でのスタートでしたが、娘は「泣くんではないか」という私の心配をよそに、ちゃーんと溶けこんでおりました。ほっ。
「年中さんだから。おねえさんになったんだから」という意識が高く、「年少さんの面倒をみてあげなきゃ」という使命感もずいぶんとあるようです。
空回りせず、うまくいくといいんですけど。

今年のクラスは勤務3年目の担任の先生と、すでにお母さん先生と呼ばれるようなベテラン先生が補助というゴールデンコンビ。
泣き虫の娘にとって、これほどの組み合わせがあるだろうかと、親としてはとてもうれしい状況です。

さっ、今年はどんな一年になるでしょうか。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.08

お弁当コンテスト

昨晩メールを受信したら、「ん?えーーー?あの偉大な人からメール?」とひとり驚きながらメールをみると、お弁当コンテストのお知らせでした。

伊勢丹が新しく発売しているお弁当箱のキャンペーンの一環で、お弁当コンテストを開催するとのことです。お弁当のテーマは「Flower(フラワー)~花」だそうです。

花をイメージするお弁当を作ってその写真を送るというもの。
お弁当箱は、その売り出されたお弁当箱でも、手持ちのお弁当箱でもいいとのことです。いっちょ応募してみますか?

応募締め切りは4/13。(注:締め切りは13日でした。18と書いたものを修正しました)
詳細は伊勢丹のWEBサイトから。

あっ、それで、その偉大な人っていうのは、「女性向けセミナー」などではよく登場される方で、個人的にいろいろなところでお名前を拝見する方でした。
マーケティング会社を経営なさっているので、今回は伊勢丹からの依頼でお仕事なさっているんでしょう。

いやー、驚いた。だって、多分検索してこの「幼稚園のお弁当」をみつけてくれたと思うので。感激っ!

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.06

想いを届ける

今日は(正しくは昨日ですね。24時を過ぎてしまいました)、お友達が遊びに来てくれました。もう帰るという間際に、すごろくをやっていました。それまではリビングで子供達の近くにいたのですが、ふと別の部屋で用事をしていたら、女の子ふたりの泣き声が。

「どうしたのぉー?」と声をかけると、「負けちゃったあ」と○○ちゃんはしくしく。
「あらあ、残念だったねー」と抱きかかえてリビングに戻ると、娘もぴーぴー。
娘は、しきりに、「○○ちゃんもアガリにしてあげたよ」と絶叫しています。
どうも、自分が先にあがってしまい、もうひとりの女の子が泣いてしまったらしいです。このお年頃、負けると泣くという展開はよくあること。

娘はその子のためにと、「一緒にあがりね」という状況にしたらしい。でも、お友達には通じず、双方で泣くハメに。

お友達が帰ってしまってたら、叫ばずにもっと静かに、「一緒にアガリね」と言えば、いいんじゃないの?と説明すると、最初はそうしたいたらしい。でも、相手がなかなか泣きやまず一緒に泣いてしまったらしい。

一緒に泣くことはないじゃないの、とさらに付け加えると、「○○ちゃんのためにいいと思ってやったの。でもわかってくれなかった」と涙ポロポロ。

そうか、気持ちが揺さぶられているのはココか。相手に自分の想いが通じないイライラだったのね。

そういうことってこれからたくさんあるんだよ。相手のためによかれとしたことも、実は、相手には受け止めてもらえないことってね。

お風呂に入りながら、そういときは自分は泣かないで、「○○ちゃんのためにやったのよ。わかってくれる?」と静かに気持ちを伝えてみたらと言いました。ついでに、相手が受け容れてくれないときは、負けちゃって悔しい気持ちを整理しているのだから、しばらく放っておきなさいということも言いました。

お友達と自分の距離感を掴む。難しいけど大事なこと。
これからいろいろな場面を経験して学んでいくんだねー。

まあ、一緒にアガリってのも、やる必要があるのかと言えば、ないかも(^^;。その場面でどういう選択が一番いいのかということも、やっぱり経験がモノをいうのかなーと思うのでした。負けを受け容れるということ、何歳くらいから冷静に受け止められるのかなあ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.04

郵便でーす!

040404.jpg

このところ猛烈にかなに興味がある娘。ひまをみつけては、練習しています。とうとうお手紙なんぞを書けるようになりました。
今日届けてくれたお手紙はこれ。おばあちゃんと一緒にリボンで飾り付けしたらしいです。自信作のようです(^^)。

中の紙には、「ままへ いつも ごはん つくてくれてありがと」と書かれていました。小さな「っ」がまだよくわからないらしく、発する音と書く字が一致しません。まあ、これもご愛敬です。

いつまでもカワイイ贈り物を届けてほしいなあ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.03

春・夏の準備

040403.jpg

結婚してからしみじみと「はあ、家事って細かいことがたくさんあってたーいへん」と思っています。
冷蔵庫の中に残っている品物を覚えておいて、パパッと夕食を作ったり、足りないものを買い足したり、季節事の衣替えを早すぎず、遅すぎずやることなんて、もう大変以外のなにものでもありません。私の少ない脳みそにとっては過酷な作業です。(--#)

とはいえ、娘は容赦なく大きくなり、季節事に、「きゃー、もう着られない」「うわー、もう履けない」と大騒ぎしています。

今年の夏の娘の洋服は、ほとんどが小さくなってしまっています。お気に入りのTシャツだって、今年はもう着られません(泣)。幼稚園が始まったら、小さくなったものをだして、これから購入するものを入れるという、タンスの整理をしなくては。
こればかりはやらねばしょうがない(^^;。

今日は○○ハウスという子供服のメーカーのセールに行きました。
30%オフ~ということで、洋服やシャツを何枚か購入してきました。「スポッと履ける靴がほしい」というリクエストにも応えて、一足購入。
上代が安くないので、値引きもたいして「安いなー」とは感じませんでしたねー。

それにしても、みなさん大量にお買い求めになっている。そして連れているお子様はみな○○ハウスのお洋服をお召しになって。
私は買い物にいく店の商品を着ていけない性分。でも、お店の人は着て来てくれるとうれしいものなの?


| Comments (4) | TrackBack (0)

2004.04.02

思いをはせる

040402.jpg

生後二ヶ月からのお友達がウチにきました。正しくは、ママ同士が友達だったので、生まれる前からのお友達なんですが。言ってみれば幼なじみ。

朝から「まだ来ない。いつ来るの?」と、わくわくしながらその到着を待っていました。久しぶりに会うので、最初はちょっと恥ずかしそうにしているご両人ですが、すぐにうち解けて、いつものとおり遊び始めます。

午前中は生憎の雨でしたので、家でおとなしく(でもないけど(^^;)遊び、午後からは晴れ間を待って、自転車に乗りに近所の公園まで出向きました。

赤ちゃんの時から知っているので、子供同士が会話していたり、ご飯をひとりで食べていたりするのをみて、「一人でできるようになったねー。大きくなったもんだねー。赤ちゃんのときは母にべったりだったのにねー」と、親ふたりはその成長ぶりに感心する始末。
いつまでこんなふうに会えるかしら?と、今日はすこーし先の未来を透かして見た1日でした。

*

ランチはウィンナーとスクランブルエッグとお野菜のオープンサンド。
他に、かぼちゃのポタージュ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.01

あちこちがザワザワと...

ああ、今日は4/1なのね。エイプリールフールというより、入社式の日というほうが、しっくりくるなあ。そういえば、昨日は大きな荷物を持ったフレッシュマン(そうな人)がいっぱい歩いていたなあ。研修開始だね。

自分の入社日のことは、実は、あんまり覚えていないんです。どうだったかなあ。だって、その会社一ヶ月でやめちゃったから。ふふふ。今思うと無謀だねー。でも、続けられなかった。
なにかを途中でやめるのは好きでない性分、そしてがんばってがんばってがんばる性分(どんなんだ?)なので、この退職はよくよくのことと自分では思っています。ええ、でも、管理職のおじさんはとっても怒っていたと思います。

次の会社では、何年か新人の研修担当なんかもやっていたので、かわいい新人ちゃんと一緒に、机にかじりついていろいろと勉強する時期もありました。
お客さんに教えるより、社内の人間相手の方が面白かったなあ。

話は突然変わりますが、駅付近に若者が多いなあと思っていたら、某女子大の学生をサークルに勧誘するための人々であることが判明。
そうか、それも楽しそうだなー。昨今の18歳は、どんなサークルを選ぶのかしら?ン十年前に18歳だった私は、無謀にも体育会を選択したために、その後の一年を泣いてくらしたんだった。

なんかいろいろなことを思い出す4月1日。きっと電車も混雑しているんだろうなあ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »