« November 2004 | Main | January 2005 »

2004.12.31

2004年は雪でオワリ

041231

お昼からパラパラと降ってきた雪は、あっというまに降り積もって、
ベランダでもこんな雪だるまができるほどになりました。

酷暑と言われた夏が過ぎ、
11月になってもまったく冬らしくないと思ったら、
2004年の最終日は冬らしい寒さで終わるようです。

今年は娘の成長をいろいろな場面で感じ、
すでに赤ちゃん時代が終わったことを確信しました。

来年はいよいよ年長さんですし、
小学校入学に向けての一年間となります。

ますますオネーサンになっていくんだろうなあ。
とっても楽しみで、少し寂しい感じ!

私にとっての2005年は「始まりの年」にしたいと思います。
そろそろ再始動であります。

来年も幸せな一年でありますように!

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.30

お正月ムードに....

少し背景の柄を変えてみました。
あんまり良くないけど、無料ファイルにはこんなのしかなーい。
もうちょっとどうにかならんかねー?>ニフティさん

キティの可愛いのがあるんだけど、こっちは有料なのよ。
しっかりしています>ニフティさん

このココログを始めたのは1月です。
そろそろ一年が経とうしています。
ほぼ毎日書いてきましたが、
書くことはさほど苦ではありません。
むしろ、楽しい。
まっ、まったく個人的な駄文ですので、
書く苦労なんてあるわけない。

来年はもう少し中身が充実したものになるように、
少し工夫してみようかな。

お友達始め、ここにいらしてくださった方々、
一年間ありがとうございました。

今年はまだ1日残っていますが、なにせ主婦の身。
明日は忙しくてゆっくり書けないかもしれないので、今
日ご挨拶させていただきます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.29

お節レシピ、交換会

私がよくお尋ねするブログの方と、お節料理のレシピを交換しようねーって約束したから、ひとつご案内してみます。

●ゆずの蜂蜜漬け

材料
ゆず 3個
はちみつ 1カップ

作り方
ゆずをよく洗い、縦に半分に切り、さらに薄切りにしてバットに並べる。
(種をよく取りましょう)
蜂蜜をまんべんなくかけて、3時間程度置く。

できあがり!


あら、簡単すぎるじゃんなんて言わないで。
いろいろな味満載のお節料理の中で、
とってもおいしい箸休めになります。

お試しあれ。

ここを読んでいる方で、
作り方を教えてくださる方はトラックバックしてねー。
いっぱいつながると嬉しいんだけど。

えっ?もう29日で忙しくてそんなヒマない?

そりゃそーだ。

| Comments (3) | TrackBack (1)

雪だよ、雪!

昨日から「明日は雪かも」という予報でしたが、
現在けっこう降っています。

大きな粒がひっきりなしに落ちてきて、
濡れた道路に吸い込まれていきます。

ベランダや屋根はもう白くなってしまって、すっかり冬景色。

娘は絵の具を出してきて、雪の降る様子を書いていました。
しかーし、空は青い(^^;。

「えーと、よく見て!どんよりした色のお空だよねー」と声がけ。
二枚目はグレーの混じった空になっていました。

絵に口出しはしたくないんだけど、
「事実をみる(観察する)」ということは大切かと思って。

絵の具にもまだあんまり慣れていないので、
白と黒を混ぜると灰色になるというのも新鮮だったみたい。

「黒はすこーしね」とアドバイス。

あとの加減は自分で試して憶えてくれ!

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.28

お節作りカレンダー

スケジュールというほど大袈裟なものではないけれど、
何の料理をいつ作る?
必用な材料は?
買い出し品は?
という程度のメモを作りました。

お料理を作る予定はこんな感じ。
ひょっとしたら、作りたくなくなって省略することもあるかも。
へへへ。

材料の買い出しは30日の予定。
野菜だけはすでにらでっしゅぼーやには注文し、到着済みです。
「お正月根菜セット」とのを頼んだけど、
けっこうな分量が入っていてニンマリ。


●28日
黒豆戻し
ゆずのはちみつ漬け

●29日
たたきごぼう
八幡巻き
竜顔巻き
黒豆

●30日
のし鶏
きんとん
お花の準備(お正月らしい生花を用意)
(ついでにお重盛りつけ用のハランも購入)

●31日
きゅうり中華風漬け
サーモン大根巻き
お煮しめ
れんこんの炒め煮
お雑煮の準備

●1日
お重詰め
その他お刺身や焼き物を用意。

さっ、今年も美味しいものを作りましょう。
家族が揃ってお正月が迎えられる幸せに感謝して。

| Comments (0) | TrackBack (0)

わが家のお節

osechi041228

有元家のおせち25品

と胸はって呼べるようなものはまだ作れません。(--#)

そもそも結婚したのも遅くって、
結婚後数年はお正月は実家巡りをしていたので、
自分でフルセットのお節料理を作る必用がありませんでした。

はい、言い訳でーす。

「いかに手を抜くか」を追求していたので、
できあいのお重を買ってみたり、
お総菜よろしく買ってきて間に合わせたり。

ところが、子供が生まれ、物心ついてくると、
「これではいかんのではないか」
という疑問がムクムクとわき出てくるんですねー。

季節に敏感に!ということで、お正月も大事な行事。
伝えて行かねばならない気持ちも少しあって、
「私が作った味」を持ちたいととほんの少し...
ええ、少しだけ思うようになりました。

「お手本はお母さん」なんですが、
私の母は料理上手ですが、お節料理に力をいれていたことはなく、
まっ、ふつーのものだったわけです。
伊達巻きだって買ってきていたしねー。

一昨年引っ越しをして、
義母と同居となりましたので、
今年のお正月は両実家と私の姉一家が揃うという事態になり、
あわてて「美味しくて、見栄えのするお節料理はないか」と探してみました。

私が好きな料理家である有元葉子さんの
「有元家のおせち25品」という本を購入し、
何が作れるか検討してみました。

これまで実家で食べてきたお節と照らし合わせ、
これに追加できそうな料理を選んでみました。

煮物や練り物、きんとんなどの定番コースに、
のし鶏、八幡巻き、ゆずのはちみつ漬け、
きゅうりの中華風漬け、れんこん炒め煮を加えることに。

さらに、きんとんと黒豆も自分で煮ることにしました。

今年もほぼ同じラインでやってみようと思います。

この本ですが、お節料理初心者向けに書かれており、
どういう予定で作業を進めるとうまくいくかのカレンダーも出ています。
いつ作ってどうやって保存しておくかと、きめ細かい対応です。

さらにおダシの取り方や、
有元さんのお宅ではどういうお節なのかなどの文章も魅力的で、
とくにお嬢さんとの会話を想像するのが楽しいです。

「~お重に詰めるのは、大晦日もしくは元旦の朝の仕事です。
娘たちが小さかったころは、
このときとばかりに台所に集まってきて、
支度をする私の横にひな鶏のようにまとわりついて離れませんでした。
(中略)
おめあては、おせちを切り分けるときに出る「はしっこ」です。」
(有元家のおせち25品より)

そうそう、そういえば、そうだった。
母がきれっぱしを口にポイッと入れてくれるのが嬉しくて、
母の後ろをうろうろしたなあと、幼い頃を思い出しました。

今度は私が娘の口にはしっこを放り込んであげる番です。
娘もお節作りを楽しんでくれるかなあ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.27

これが本当の最後の忘年会

041227-1

041227-2

友人が尋ねてきてくれました。
年内に一度会っておきたいねーという話になり、
今年最後の忘年会が実現しました。

なるべく早く来てねとお願いしたおいたら、
たっぷり一時間半はかかるのに、10時半に到着。

一緒にお昼ゴハンの支度をしながら、
べらべらと溜まった話を始めました。

冷蔵庫からビールの缶を二本だして、
揚げ物をしながら、これぞホントのキッチンドランカー!(^^)


メインの料理は「はりはり鍋」。
他に、カジキのソテー(タルタルソース)
トマトマリネ
チラシ寿司
ワンタンのカリッと揚げ(挽肉とチーズ)→写真

デザートのロールケーキは、
お土産で持ってきてくれました。
横浜市営地下鉄「センター南」にあるMeme(メメ)のものです。
生クリームが絶品。
あのよくあるベタッとしたクリームでなく、
さらりとした感触で、甘みもほどほどで本当に美味しいです。

写真がちょっと美味しくなさそうに撮れてしまいました。
ゴアイキョ。

子供達はまだまだ母親と一緒に出かけて行く年頃ですが、
これがそのうち「いかねーよ」とか言うんだろうなあ。
でも、ハタチくらいの大人になったら、
一緒に集合してくれたら嬉しいなあと、
友人としみじみ話していました。

そういう子供に育てよう!(^^)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.26

大掃除とお節カレンダー

昨日のカーテンに引き続き、子供部屋のカーテンを洗いました。
続けて大きな窓の網戸も。

残っているのは、もう一部屋のカーテンと、
小さな窓の網戸と窓拭き、
床のワックスってところかな。
ああ、キッチンの換気扇と冷蔵庫の中身もはずせないな。

家事の中で一番好きなのは掃除。
無心になって、こすったり拭いたりしていると、
気分転換できたりする。

新年までの数日の間にすべて終わるかなあ。
まっ、来年やってもいいんだけどね。

それにしてもキレイになって気持ちいい!


昨晩は録画したビデオを見ながら、
おせち料理の準備のカレンダーを書いてみました。

あっ、適当にいつ何を作るって程度のものです。
買い出しメモもついでに作りました。

あとは、どの料理をどのお皿に盛るかを決めて、
ハランや小物で必用なものはないかをチェック!

近日中にこのメモをここにアップしてみようと思います。
今年はとある方と「お節レシピ交換」の約束をしているので。
ふふ、でも、私が出すレシピは「超手抜き」なので、
「これじゃダメー」って言われちゃうかも。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2004.12.25

クリスマス・ディナー....

041225

は、鍋でした。(^^)
母と一緒にみんなでごはん。

クリスマスなので、ケーキも買ってきました。
おいしいと評判の店で、クリスマスバージョンのものを売っていました。
ホールでは食べきれないので、カットケートを....少しだけ。
(写真がピンぼけですいません。ちょっと設定を間違ったのでした)

まっ、こんなもんでしょ、家族で過ごすクリスマスなんて。

*

今朝、お布団の中で、「あっ、来てるかもよ」と娘に言うと、「うん」。
「行かないの?」
「楽しみにしているから、髪を結んでから行くの」

.....どして?.....
.....飛んでってみればいいじゃあーん.....

*

懸案だったカーテン洗い、リビングの分だけ終わらせました。
ふぅ、大変だった。

縦型ブラインドがいい、絶対いい!と思ってつけたけど、
メンテナンスはカーテンよりずっと手間がかかることが判明。
あーあ。

お疲れ様でした。m(_ _)m

| Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.24

メリー・クリスマス!

今日はサンタさんがくるー。
何時に寝たらいい?

だって。

つべこべ言ってないで、早く寝ろ!(^^)


どういう環境で仕事をするのが理想だろう?
ってここ最近考えています。

自分が興味もてること(内容・分野)を
目標を同じくする仲間と
もっとよくするにはどうしたらいいか?
と、ガンガン考え続けるなんてのがいいかな。

組んでる相手が、やる気をなくしたり後ろ向きになったり、
わけがわからなくなったら、
それはちょっと嫌だなあ。

もちろん、自分と思考が違う人も刺激的で、欠かせない存在。
言っとくけど、
「目指すところがほぼ同じで、お互い一生懸命である」
ことは共通スタンス。


| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.23

アニー、クリスマスコンサート

去年から行っているコンサート。
アニーというミュージカルに出てくる出演者が、
クリスマスソングなどを歌うものです。
今回は2003年と2004年のアニーズが登場しました。

去年とは違った演出で、今年もまたステキでした。
大きな違いは、いつも上演される青山劇場ではなく、
厚生年金会館でしたので、
オーケストラは舞台にいる状態でした。

席が前から4番目でしたので、
登場人物の表情がよく見えて、迫力満点。

アニーズ、ひとりひとりの子供の様子がよく見えました。
本当に踊りが上手で、かわいらしい。

ところで、開場時間前にロビーにいたら、
「※▽□○(私の旧姓)さんですか?」と声をかけられました。

OL時代の先輩でした。驚いたあ。

なんでも、お嬢さんが来年のアニーズに選ばれたとかで、
舞台の最後に出てくるというのです。

これまた驚いたあ。

帰ってきてサイトをみたら、
9000人の応募者から選ばれたとのこと。
来年の見所がひとつ増えました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

クリスマスツリー

041223-1

041223-2

毎日訪問しているブログで、
「今日のクリスマスツリー」って記事があったので、
ちょこっとリンクしてみまーす。

東京厚生年金会館のツリーと、
泉ガーデンタワーのツリーです。

| Comments (2) | TrackBack (1)

2004.12.22

未熟者の話

損得勘定はしてはいけないよなあ。
困っていたらお互い様ってことで、
手をさしのべるべきだよなあ。

と思うのです。

とはいえ、してもらったらなにかしら
「ありがとう」の気持ちの表現はあっていいよなと思うのです。

これって、見返りを期待してるってことになる?

何かを頼んだり、頼まれたりする関係というのは、
お互い信頼しているから成立するのではないかと思うのです。

たいして親しくない人には、
少なくとも私は何かを頼んだり出来ません。

だけど、ここ数ヶ月で、頼まれることが2~3度あって、
「どうして私に?」という気持ちでいっぱいになったのでした。
私って了見が狭いなあと思うのだけど、
私がやることが当たり前的な態度はいただけない。

半ば押し切られるように頼まれて、
ついつい引き受けてしまって、
あとから、「あーあ、やんなっちゃう」と思う私はまだまだだなあ。
はっきり「できません」と言うべきよね。

こんなところでグチっているようでは、
やっぱり私はまだまだなのであーる。(c)嵐山幸三郎(^^;

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.21

昼からビール

バレエつながりのお友達とクリスマス会。
入会してから何かとお世話になった方々と、
ゆっくり年末のご挨拶....

いえ、ただ、昼からビールをしたかっただけかも(^^;。

ひとりだけ、お酒を飲めるかどうかわからないママさんがいましたが、
「たしなむ程度飲めます」とのことで、
一同「あっ、十分飲めるのね」と解釈。大笑い。

お昼ゴハンのメニューは.....

・オープンサンド(野菜、ハム、ウィンナ、チーズ、コロッケ)
・ドライカレー(子供達はおにぎり)
・かぼちゃのスープ
・ポテトサラダ
・パン(プレーン・ぶどう)

・差し入れのます寿司

・杏仁豆腐(フルーツ入り)
・いちご

などなど。

みんなで先日のミニ発表会のビデオを見たり、
いろんな話題でおしゃべりに花が咲き
とても楽しいひとときでした。

いつも思うのだけど、
時間をやりくりしてわざわざ来てくれることは、
本当に嬉しい。

共有する時間が増えると、
親密度も増すような気がして、
それも嬉しい。

他人との距離の取り方は人それぞれで、それで良くて、
まして自分と同じでなくてぜんぜんいい。

でも、その距離をどの程度とっているかは、
知っておきたいと思う。
こうしてふれ合うことがあると、ほんの少しわかる気がする。

そういうことがわかることで、
よりスムーズな人間関係を続けられるような気がするんだよね。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.20

終了式で冬休み

今日で幼稚園は終わり。
園長先生のお話があったそうで、
「知らない人についていってはいけない」と言われたそう。
「知らない人に連れていかれそうになったら、
助けてぇーって大きな声で言うんだって」

大切なお話だ。

本当に物騒な世の中になってしまって、
一人で公園に行かせるとか、
お使いに行かせるなんてとてもできないなあ。
いつまで「母と一緒」なんだか??


ところで、冬休み。
何をしようかな。

とりあえずやりたい(行きたい)なあと思うことは。
・スケート
・そりあそび(スキー場に行くこと)
・映画
・温泉
・セールで買い物!

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.19

調子のいいヤツだ~れ?

「ほらあ、何度も言うけど。ふりかけはゴハンにかけて食べなさい。
小さな袋に指突っ込んで食べてると、のりやゴマがこぼれます」

とぶつぶつ文句を言いながら、娘の椅子の回りの床を拭いていたら、

「ごめんなさい、ごめんなさい。本当にママの言うとおりです。
ゴハンにかけて食べればヨカッタ。
私が間違っていました」

だと。

調子よすぎ。(思わずダハハハと笑い脱力)

かと思うと。

「パパなんて大嫌い。ママは大好き」
「どして?」
「だって、ママは怒らなくていつも優しいでしょう」

だと。

いつも怒ってます。はっきり言ってビシビシと。

調子よすぎ!

| Comments (0) | TrackBack (0)

ゴヒイキのスーパー

041219

・うちからさほど遠くない。
・車で行ける
・駐車場が広め
・買った荷物は駐車場までワゴンで運べる
・食品だけでなく、日曜雑貨もあるとなおよい
・もちろん、安い

そんな私のスーパーに対する条件を兼ね備えた大型店が隣町にできました。
ヤホー!

今日は兼ねてから「買い直したい」と思っていた、
シーツとバスタオルまでそろっちゃった。

バスタオルはベネトンのかわいいヤツをゲットォー。

最寄り駅の商店街も古さ故の人情味を感じたりもするんだけど、
ひとつの店ですべてが買えるという魅力には代え難い。

それにしても用途に応じてあちこち行ける選択肢が多いということは、
それはそれでとっても贅沢なことかもしれない。

引っ越す前は大型スーパーは駅前に一軒きりで、
おそろしく価格が高かったので、
駅前に4件のスーパーがある現在の場所は、本当にお買い物天国だ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.18

ミニ発表会

今日のバレエのお稽古で、今年の娘のレッスンはとりあえず終了。
本人も忙しいけれど、送り迎えをする人もけっこう忙しかった。

さて、今日のバレエは「ミニ発表会」。
少し新しい要素も加わった柔軟や、
ほんのちょっぴりの練習曲に振り付けしたのを見せてくれました。

レオタードもだいぶくたびれてきて、考えみれば、入会した5月から8か月。
ずいぶん慣れてきたように思います。
17センチのバレエシューズも親指のところがすり切れてしまいました。

来月はレオタードもシューズも一新して、
またステキなバレリーナ(?)やってください。

お疲れぇー!


| Comments (0) | TrackBack (0)

まったくの私信

ここを読んでいるかどうかもわかんないけど、私のお仕事仲間のMさんへ。

ご結婚おめでとう。

幸せなニュースは、これまたお仕事仲間のYさんから聞きました。

ネットでつながるあなたと私の不思議なつきあい。
細くてもずっと続きますよう、願ってやみません。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2004.12.16

エコクラフトでクリスマスリース

041216-2

041216-1

10/21の記事で、エコクラフトでかごを作ったことをお話しました。
12月初旬に、同じ素材でリースを教えていただきました。
シンプルだけどかわいいでしょう?
あっという間にできるので、大きさを変えて2つ3つと作り、あちこちに飾っています。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.15

気を抜くと....

あらま、二日も空いてしまいました。
気を抜くと、すごいスピードで時間が過ぎていって、
ココログを書き忘れることもしばしば。
まいったな。

先週までは怒濤の忙しさで、
本当に家の中を走って用事をするという有様。

でも今週になって、やっと余裕が出てきて、
まったりしています。
月末はまたお節料理の準備やらで忙しいので、
この貴重なぼんやり時間を大事にしようと思います。

娘は今日は「クリスマス会」だったらしく、
「サンタからもらった」といって
大きなお菓子入りの長靴を持って帰ってきました。

「サンタさんは、嘘かもしれないし、
ホントのサンタさんかもしれない」
とわけわかめのセリフを吐きつつ帰宅。

笑わせてくれるなあ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.12

今年最後の行事、終了!

今日は娘のお遊戯会でした。
運動会を終えた頃から練習を始めて、晴れて今日発表でした。
年中のみんなはとっても上手に踊りをし、歌を歌いました。

ちょっぴり恥ずかしくて、
ちょっぴり誇らしげで、
去年と比べてずいぶんおねーさん・おにーさんになっていて、
「見てみてママ(パパ)」という声なき声が舞台から
たーくさん聞こえてきました。

園長先生曰く、「子供達が年長になるんだなと思うときは、
お遊戯会での歌う声を聞いたときです」と言いました。

「自分本意に歌うのではなく、
人の歌を聞き、
より綺麗な声をだそうとして、
そして合わせて歌おうとする姿勢に、
あっ、年長さんになる時期がやってきたんだなあ」
と思うそうです。

つい先日入園したように思っていましたが、
確実に二年目が終わろうとしています。
本当に早い一年でした。

いろいろなことをどんどん吸収し、成長し、
毎日の園生活を楽しんでいる娘。

今を多いに楽しんで、貪欲に生きて欲しいなあ。

来年の今日は、どんな顔を見せてくれるのだろうかと、
すでに一年先に想いをはせている私。

| Comments (0) | TrackBack (0)

一年ぶりの再会

彼はいつもの笑顔で現れた。
一年間、毎日毎日、「今度はいつ会える?」と待ちこがれていた。
やっとその時がやってきたのだ。
走り寄りたい気持ちをグッと抑えて、座っていた。


.....すぎたあきひろ.....


そう、今日はあき兄のファミリーコンサートだったのだあ。
わーいわーい!

今日のチケットは整理番号が19番だったので、
前から二列目の中央席をとることができた。
そう、ど真ん中、真ん前ですね。

思わず、ニヤニヤしながら見つめてしまう私の表情さえも、
あき兄は見えるのではないかと思うほど近かった。

いや、そんなおばちゃんには気が付いていないだろうけどね。
(わかってるって。言わないで(--#))

ともかく楽しいたのしい、一時間半でした。

手を振りたくてうずうずしている私の手を、必死で押さえ込む娘。
「ちょっとぉー、放してよぉー」と私。

そのやりとりを見ていた夫。
「CDでも買っていけば?」
「もう買ったの。大丈夫よ、チェックはばっちりよ」と私。

変な親子!

| Comments (0) | TrackBack (0)

今年のお弁当は終わり...だった

ふと考えれば、今年のお弁当は金曜日が最後でした。
来週からは半日保育となり、お弁当はなし。

まだまだ作る気でいたので、「あら」という拍子抜けした感じです。

預かり保育とか、どこかにお出掛けとか、
そんな形でお弁当を作ったら、
また写真を掲載します。

お弁当はお休みでも、
日記的な内容はつらつらと書きますので、
今後もゴヒイキに。


| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.10

今日のお弁当/041210

041210

「もうすぐパパが帰ってくるから、お布団に隠れてよう」と誘われて、
ふたりでイソイソとお布団へ。

ガタッとドアがあく音で目覚めてみれば、夫が帰宅。

「あら、お帰りなさい」

「寝ちゃってたわねー」

約20分、爆睡だった私。
隣の娘も夢の中。

「ワッ」て驚かすのを楽しみにしていたのに、そのままグー。
わらっちゃうね。

・シューマイ
・ブロッコリー
・そぼろと卵(さやの飾り)
・柴漬け
・りんご

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.09

今日のお弁当/041209

041209

なんだか卵の値段がたかーい。
野菜の次は卵なのね。ちょっと嫌あ。

・のり入り卵焼き
・コロッケ(冷凍食品)
・ブリ照り焼き
・アスパラ
・ごはん(梅干し)
・バナナ(1/3本)

5才くらいの子供には、どんなお手伝いをさせてますか。
また、自分でやらせてますか。

・食事の時にお箸を並べたりする?
・お風呂は一人で入れる?
・一人で寝る?
・一人で買い物に行かせる?
・登園のしたくは自分でする?


| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.08

醸し出す雰囲気

第一印象は大切とはよく聞きますが、
自分が人に与える第一印象はやっぱり良い方がいい!と思っています。

OL時代は多少なりとも客商売でしたので、
最初に与える印象は、
「やさしい感じ」「親しみやすい感じ」「ソフトな感じ」
という路線を目指していたんですが、
どうも今もうまくいってないみたい。

そもそも私の性格からいうと、
この路線は目指すことに無理があるということらしい。

別にソフト路線でなくても、
人に嫌な感じを与えなければよいのですが、
ともすると、「怖そう」とか「強そうとか」とか、
「気が強そう」と思われがちなんだよね。

これってどうすればいいわけ?

おっとり、ゆったり、のんびりした感じを、
一時的にでも出す方法を知りたいもんだ!

| Comments (1) | TrackBack (0)

2004.12.07

今日のお弁当/041207

041207.jpg

缶詰のみかん....おいしい。
幼い頃、好きでよく食べた記憶があります。

娘も園でお友達が持ってきた缶詰のみかんをひとつもらったのがきっかけで、
その存在を知ることになりました。
それからというもの、「缶詰のみかん、入れてね」とリクエストが頻繁にくるようになりました。

今日はなんだかフルーツの皮を剥くのも面倒で、パカンと蓋をあけてしまいました。

クセになりそう(^^)。


・春巻き(冷凍食品)
・牛肉とごぼんの柳川風煮込み
・小松菜のソテー
・柴漬け
・ひじき混ぜご飯
・みかん(かんづめ)

帰宅後。
「今日のお弁当で一番美味しかったのはなーに?」と聞くと、
「うーんと」

......

「柴漬け...かな」

「.....」

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.06

今日のお弁当/041206

041206.jpg

ガストというファミレスの「ルームサービス」がけっこうグー。
要は、「出前」なんだけど、ルームサービスという名称。
日替わりランチというのがあって、510円でお昼ご飯がいただける。
例えば、カレーハンバーグとウィンナー、鶏の唐揚げとキャベツ、ごはん。
男性には少し量が少ないと思うが、ご飯の増量はできるらしいよ。

揚げ物もつくりたでのような感じで、コロッケなどはサクッ感も楽しめます。

・豚肉薄切りの照り焼き
・いんげんのおかか醤油
・うずらのゆで卵
・ちくわの煮物
・ごはん(梅干し)
・いちご

「明日はカレーにしてよ」と、金曜日のカレー弁当が気に入った模様。
どうしようかなあ、明日はカレーかなあ。
迷うなあ。


| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.05

クララと共にしばし夢の国へ

娘のお稽古しているバレエ教室の先生が、
「くるみ割り人形」の公演があるからチケットを手配してくださるとおっしゃいました。
一度バレエの舞台をみたいと思っていたので、
飛びつくようにお願いし、今日行ってきました。

松山バレエ団「くるみ割り人形」

出演:森下洋子・清水哲太郎・松山バレエ団総出演
指揮:河合尚市
演奏:東京ニューフィルハーモニック管弦楽団

森下洋子さんは、もちろん名前は知っています。
が、踊っているのは初めて見ました。

トシの話をしては大変失礼ですが、56歳になられるようで、
この年齢でくるみ割り人形の全幕を踊るのは大変めずらしいことのようです。

まっ、そんな前置きはいいんですが、
舞台はそれはそれはすばらしいものでした。
バレエの技術なんてぜんぜん知りませんから、
目から、耳から、体から受けた私の感想に過ぎませんけど。

実は、正直に言うと、
「くるみ割り人形」のストーリーもよくは知りませんでした。
ここに出てくる曲は耳慣れたものばかりで、そんな程度の知識。

でも、森下洋子演じる主人公のクララの気持ちが、
それはそれは伝わってくるんです。

一目で気に入ってしまったくるみ割り人形。
どうしても欲しいという気持ち。

もらって嬉しくて、
そして王子様が出現して驚いて、
一緒に旅して楽しくて、
そして最後のつらい別れ。

目を覆って泣くシーンでは、
一緒に泣きそうになるくらい切ない気持ちを感じます。

眠りから覚めて、「あら?今までのは全部夢だったの?」と思うシーン。

帰ろうとするおじさんに、
「夢だったのかしら?」と聞こうとすると、
おじさんが白いカーディガンを肩にかける。

これこそ王子様が着せてくれたカーディガン。

夢ではなかった....と、立ちすくし、
王子様に想いを馳せるラストシーン。

なんとステキなラブストーリーなんだろう!

お教室の先生が、
「娘さんにはとっても一足早いとってもステキなクリスマスプレゼントね」
とおっしゃった意味が、よーくわかりました。

この松山バレエ団の「くるみ割り人形」は毎年上演される演目のよう。
またひとつ、「毎年恒例」の舞台が増えちゃったみたい。

| Comments (0) | TrackBack (0)

交換条件はなしよ

子供の言動に腹を立てたとき、
「もう、あったまきた。明日の遊園地はなしだ」
という怒り方はダメなのです。

子供は遊園地に行きたいから「ごめんなさい」を言っちゃう。
なんで怒られているのかがきちんと把握できない。

ごった煮で怒るのはスマートではないな。

基本は、いまやったことについて怒る。
なぜダメなのかを説明するってことかな。

「そういえば、この前も...」なんてのもダメ。
そんな前のことは子供はたいてい忘れているので、
ただ叱られたことだけになってしまって、効果なし!

子供とのつきあい方って、本当に難しいのだ。

| Comments (2) | TrackBack (0)

2004.12.03

今日のお弁当/041203

041203.jpg

今日はカレーだよ。
トロトロのカレーは流れてしまうので、ごはんの下に入れてみた。
ほじくって食べるというわけ。

「とっても美味しくて、すぐに終わっちゃった」とは娘の弁。

やったね。

・カレー(カレーの王子様のレトルト)
・福神漬け
・ピーマンソテー
・サツマイモのコロッケ
・はんぺんの海苔巻き
・キウィ

| Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.02

今日のお弁当/041202

041202.jpg

「セロ弾きのゴーシュ」という本をいただいた。
寝る前の読み聞かせに、娘がこれを選んだ。
けど、ちょっと長い。
3日もかかった、ちょっとずつ読んだ。

まだ5歳にはすこーし難しいかもと思った。

・ハンバーグ(冷凍食品)
・卵焼き
・れんこんとこんにゃくの煮物
・いんげんのソテー
・ごはん(カリカリ梅)
・いちご

| Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.01

嘘をつくと脳みそは大忙し

というニュースを流していました。

娘が「どういうこと?」と聞くので、
「嘘をつくと、頭の中の脳みそが、
ブルブルブって忙しく動いてしまうんだって」と説明。

「ふーん......」

と突然、

「ママってかわいくなーい」

「うそぴょーん。脳みそ動いたかなあ」だと。

ガクッ!

| Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »