« March 2005 | Main | May 2005 »

2005.04.29

本間憲一さん

私の「見たいアーティスト」にまたひとり加わりました。

今日は恒例行事(!?)で「アニー」を見てきましたが、
もう3年目だというのに、
始めて「すごっ」と目に留まりました。

この方、私が見てきたアニーにはずっと出演なさったいたようなのですが、
気が付かなかった。
いえ、小柳ルミ子とのダンスはすばらしいと気が付いていましたが、
まっ、その程度でした。

でも、今日の舞台ではタップダンスを見せてくれて、
そのすばらしさにウットリ!
もちろん、私はタップの技術的なことはまーーたくわかりません。
でも、ステキだったのです。
アニーを「もう一度みたい」と思ったのは初めてです。

今日のアニー(石丸椎菜ちゃん)は綺麗な声で、歌が抜群にうまくて、
出だしからウルウルしてしまうような展開でした。

お話はすでに全部知っているし、
舞台の演出だって、そうたいして毎年変わらないのに、
彼女の歌はなんだか胸に届いてしまいました。

とっても上手でしたよぉー。

話を元に戻して、本間憲一さんって次はどこで見られるのかしら?

| Comments (2) | TrackBack (0)

今日のお弁当 2005/4/28

050428

水曜日には野菜の宅配が届きます。
先週はドデカイ竹の子がドドーンと届いて目が丸くなりました。
「あーあ、下処理をしておかなきゃー」とちょっと脱力。
(煮てみたら以外と小さくなってしまった。
といっても、義母に半分オッソワケしちゃった)
まあ、こういうことを面倒がっていてはダメなんだよね。
わかってるって。

そして今週はえんどうまめ。
「なるべく早く食べて下さい。鮮度が命」と書かれちゃあしょうがない。
豆ご飯をすべく、もう娘を寝かそうとしていたのに、
急いでさやから出して、洗って、お釜の中へ塩とみりんと共に投入。

翌朝は、おいしそうな香りがリビングいっぱい。

うまかった。

・豆ご飯
・ミートボール
・春巻き
・ミニトマト
・小松菜ごまあえ
・りんご

| Comments (2) | TrackBack (0)

2005.04.27

母の日向けフラワーアレンジメント

050427

お友達のお友達が先生のお教室です。
誘われて参加したのがきっかけ。
今回二回目の作品です。

この日は「Fun」(扇形)という課題で、
母の日向けのカーネーションのアレンジです。

いやあ、難しかったぞっ。

---***---***---***---***---***---***
「公開私信」

はにびーさんへ

お話ししていた「お花の教室」。
こんなのできましたよぉー。

| Comments (2) | TrackBack (1)

2005.04.26

今日のお弁当 2005/4/26

050426

「トマトの緑のヤツは取らないでつけておいて」だって。
なんでも仲良しのお友達のトマトにはヘタがついているんだって。

ふーん、ない方が食べやすいんじゃないぉー?

「フルーツは二種類入れて!」
ふーん、贅沢者め!(--#)

で、言われた通りに二種類入れちゃう私って?

・鶏の唐揚げ
・かぼちゃの煮付け
・ピーマンソテー
・ミニトマト
・のり弁(柴漬け)
・キィウィといちご

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.25

今日のお弁当 2005/4/25

050425

やったあ、やったあ、やっとお弁当開始です。
むふふふ。
これで昼間の時間がたーくさんになります。

落ち着いてパソコンもできるってモンです。

・竹の子ごはん→今日のメインだな
・卵焼き
・大根の煮物
・アスパラベーコン巻き
・サワラのみりん漬け
・トマト

そしてもうひとつ嬉しいことに、
トマトが入れられる季節となりました。
お弁当の温めが終わったのですよぉー。

なんだか心弾む月曜日。(単純です!)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.23

おしゃべりな女

昨日はお友達のお宅にお邪魔した。
もともとその友人は他のお友達と約束していたのに、
私が誘ったもんだから、
「だったら、一緒にどう?」って言ってくれて、
急遽飛び入り参加。

ところが、このところお弁当のない半日保育で、
お友達ランチなどからすっかり遠ざかっていたモンだから、
私ったらしゃべる喋るシャベル......。

騒々しくてごめんなさいm(_ _)m。
携帯にもメールしたけど、ここでもお詫び。

| Comments (0) | TrackBack (0)

バレエを始めて一年

去年の5月でした。
バレエ教室に入会させていただいたのは。
ちょうど一年が経過したわけです。

今日は新しく入会するお友達が体験しに来ていたり、
見学なさる方が二組もあったり、
季節はいろいろな意味で新学期なのだなあと感じさせられました。

見学組のお二人は、多分年中さん。
娘も一年前はあんな風だったの?

なんて小さいんでしょう。
バレエなんて踊れるの?と思ってしまう感じです。

去年の今頃、娘を見て、
他のみなさんもさぞ心配なさっていたことでしょう。

今日まで暖かく見守って下さっていたことを、
あらためて感謝しました。

今日配られたお月謝袋は、
新しいものに変わっていました。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.22

ママが悪いのだよ

出した本は片付けなさいよー
脱いだものは洗濯機の前の籠に入れなさいよー
毎日やるって言ったことはちゃんとやりなさいよー
ハンカチは持ったの?ちゃんと自分で見ないとダメよー

と、知らないうちに、ガミガミおばちゃんと化しておりました。

「私、いつのまにか、悪い子になっちゃったねー」と
ビービーと止まらぬ涙。

あーん、ママが悪かったよぉー。
ごめんよぉー。
ちょっと言い過ぎたよぉー。

反省。

| Comments (0) | TrackBack (0)

ヤマハのプライマリー2が終了

昨日はクラスコンサート。
これをもって半年間のカリキュラムの修了です。

トータル一年が終わり、来月からはプライマリー3。
幼児科の3期目が始まります。

クラスコンサートは先生とみんなの前で、
2曲を弾き1曲歌うという、なんでもないものなのですが、
親としては「ちゃんと弾いてほしい」と思うもの。
いつにも増して「練習しなくていいのぉー?」を連発して、
嫌がられておりました(--#)。

園は半日保育でお昼には帰宅出来るのに、
慣れない環境に疲れているのか、
機嫌がすこぶる悪い毎日。

お昼ゴハンを食べると、
そのまま昼寝に突入してしまう勢いを引き留め、
「一回弾いておこうよ」と誘ってみます。

でも、うまくできるわけないんだよぉー。

ああ、心配だ....という私の気持ちを見事に裏切って、
昨日は完璧な演奏ができました。

ええ、ええ、完璧だなんて、ただの親ばかですm(_ _)m。

新しいテキストをもらって、名前を書いて、
気分上々といったところ。

| Comments (0) | TrackBack (1)

2005.04.19

今日のお弁当 2005/4/19

050419

延長保育をお願いするので、
お昼ゴハンを持って登園です。
今日は私が外出の用事があるので、
娘は園で5時まで過ごす予定。

「明日延長お願ーい」
「えー、嫌だあ」
「そんなこと言わないでさあ。
一生懸命早く帰ってくるからさあ」
「(しぶしぶ)じゃあ、いいよ。
しょうがないなあ。疲れちゃうなあ」

と文句たらたら。

半日保育で帰ってきても、
お昼を食べるととっても機嫌が悪いんです。
??と思っていると、しばらくすると、
カーペットにごろんと横になってお昼寝を始めます。

年長さんになったのに、
体力的には力が余っているハズなのに、寝ちゃうのねー。
なにか神経を使っていることがあるんでしょうか。

延長保育だと昼寝はもちろんできませんから、
今日の夕食→お風呂は速攻で済ませて寝かせないと。

もしかしたら、お風呂は寝ながら?....考えるとああ怖い。
重くて重くて、寝たら大変です。

がんばれー>かーちゃん!

・卵焼き
・牛肉とごぼうの柳川風煮込み
・春巻き(冷凍食品)
・スナップエンドウ
・のり弁(梅干し)
・りんご

| Comments (0) | TrackBack (1)

2005.04.18

好きな相手は束縛してはダメ-ママからのアドバイス!

金曜日のお風呂タイム。
大の仲良しさん(○ちゃん)と「ケンカしたあ」とショボンとしています。
以下母と子の会話。

「どうして?何が原因だったの?」

「○ちゃんは、年中さんのお友達のところにフラリと行っちゃって、
Aちゃん(娘)は置いてきぼりになるの。
だから、行かないで!って言ったの」

「ふーん、でも、○ちゃんもいろいろなお友達と遊びたいから、
Aちゃんの側にずっといてもらうのは無理よぉ。
月曜日に、年中さんのところに行くときは、
連れてってねってお願いしてみたら?」

「じゃあ、年中さんのところに行くときは教えてねって言う」

「いやいや、Aちゃんにお断りするんじゃ○ちゃん嫌な気持ちになっちゃうから、
一緒に連れていってねってお願いするのがいいんじゃないかと思うよ。

みんなそれぞれ遊びたい人や遊びたいことが違うから、
Aちゃんの思い通りに人を動かすのは無理なのよ。」

「だって、○ちゃんのことが大好きなのぉ」

「うんうん、大好きだから、大切なお友達のやりたいことを許してあげることも大切よ。
お隣で黙って見ててあげることも好きって気持ちの表現のしかたなのよ」

「うん、わかったよぉー。
○ちゃんAちゃんのことキライにならないかなー」

「大丈夫。○ちゃんはAちゃんがワンワン泣いて気を揉んでいることなんて、
ぜんぜーん想像もしていないし、
きっと金曜日のケンカのことは忘れちゃってるから。

ともかく、月曜日に朝会ったら、
ニッコリしておはよう!って言うのよ。ニッコリよ」

「うん、わかったよー。
でも、Aちゃん、○ちゃんのことが気になって眠れなーい」

「大丈夫。バレエの発表会があるから早く寝なさいねー」

と、まるで恋愛相談です(--#)。
ふぅ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.17

せわいしないぞっ、ドラえもん

ドラえもんの声の出演者が変わった。
予告を見ている限りでは、さほど違和感はなかった。
娘と共に、15日の新声ドラえもんを楽しみにしていた。

この日は拡大60分の特別番組。
(拡大といっても、ただクレヨンしんちゃんがなくなっただけ)
ワクワクしながら見ていたが、途中からなんだか違和感がムクムクと。

なんだろう?なんか違う?
えーとえーと。

なんかさあ、ドラえもんものび太もせわしなくない....?

ドラえもんがのび太に、
「だめだよ、のび太くーん」と言うせりふ。

なんだかテキパキしすぎ。
のび太も泣きすぎだし、ドラえもんに頼りすぎ。

もっとのび太君は自分を持っていなかったか。
のろまでお勉強もできないけど、
もっとなにか自分というものを持っていなかったか。

ドラえもんは、もっと遠くからのび太を見守っていたのではなかったのか。

どなり調の声が多くて、とってもうるさーい感じがした。
雰囲気は若返ったのかもしれないけど、
ほわーんとしたあったかーい感じがどっかへ行ってしまい、
現代を象徴するかのごとく、トーンが高くてせわしない。

なんか絵もちょっと変わった気がするんだけど。
のび太の部屋に座布団なんて、あったっけ?

そしてそして主題歌は歌ってほしいなあ。
子供達が唯一元気いっぱいに一緒に歌えるテンポの曲なのに。

| Comments (3) | TrackBack (0)

2005.04.16

ナルシスト

夜になり、シャッターが降りるほんのつかの間、
ガラスに自分の姿が写る。
窓の前を通るたびに、
無意識にバレエのステップの練習を始めてしまう娘がいる。

そうか、バレリーナって、究極のナルなのねー。
あっ、ごめん。
バレリーナなどと呼べるようなレベルじゃあないんだよね。
「駆け出しバレリーナ」くらいかな。

例え駆け出しでもそんな感じなので、
やっぱり一流のダンサーは美と完成形を求めて、
どこまでも突き進むんだろうなあ。

今日はバレエのお稽古をやっている場所
(地域のコミュニティセンター)のお祭りでした。
和室にある「ちょっとした舞台」にて行われる演芸大会に、
子供のバレエも参加しました。

ええ、ちょっとした舞台ですから、
たった三人で踊っていても、
ジャンプすると片側の子供が舞台の袖に消え、
またジャンプすると、別の子が消えるといった広さでした。

でも、娘の所属するクラスは、ちびっ子チームですから、
舞台から飛び出ることはなく、無難に終わりました。

うちでは究極のナルですが、舞台ではどうもいまひとつ。
まっ、ご愛敬ってことですかね。
また来年に向けてウンと練習しておくれ。

娘達が係のお母様と共に準備をしている間、
私達「待ちの母達」は、外テーブルにてビールやらお赤飯やらお餅やらを堪能しておりました。

はい、今日も楽しかったでーす。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.15

後日談

ヤマハの先生が変わるというニュースに打ちひしがれていた私ですが、
あの日、娘達の上のクラスのお母さんからも猛反発をくらったらしいです。

娘達より先生とのおつきあいが長い分、
みなさんの思い入れも強く、
楽器店の説明員には、
「どこの教室に移れば先生の授業を続けて受けられますか?」という、
すでに今の教室には未練はないというような発言も出たらしい。

当然です。

その夜は「私に何ができるだろう?」
「どうしたらいいんだろう」ということばかり考えていました。
すると、夜9時半前に電話が鳴り、クラスメイトのお母さんからでした。

娘の上のクラスのお母さん達で嘆願書を出そうという話にまとまり、
娘のクラスにも参画してほしいという用件でした。

す、すばらしい!
絶対絶対サインします。
先生にやめて欲しくないという意向を示したいもの。

結局、嘆願書ができたことを楽器店に伝えたことで、
再度楽器店と先生と教室の運営者との三者会談が行われることになりました。

嘆願書はヤマハの上層部にも送られたと聞いています。

「先生は続投!」という嬉しいニュースは、
その4~5日あとにメールで流れてきました。

昨日のレッスンでは、先生は開口一番に「みなさまのお陰です」とご挨拶され、
私達も拍手でお返事しました。

本当に嬉しい。

心なしかいつもよりちょっぴり張り切っているようなレッスンでした。

来週は幼児科一年目「プライマリー2」の最終回。
クラスコンサートが開催されます。

ビデオをもって行かなくっちゃ。(^^)v

あっ、その前に練習させなっくっちゃ。(--#)

| Comments (2) | TrackBack (0)

そんなのアリ?

娘「ママあ、あきひろお兄さんがうちにきたらどうする?」

私「えーー、そんなステキなことがあったらうれしい」

娘「ママ、結婚する?」

私「するする」
でも、パパどうしようかあ?」

娘「じゃあ、まるめてゴミ箱に捨てちゃう?キャハハハハ」

キャハハって、あんたけっこうむごたらしいね!

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.13

あーあ、大人になりたくなーい

娘とふたりでゴハンを食べていると、

「あーあ、大人になんかなりたくない。
だから大きくならなくてもいいんだあ」とぬかすではないか。

ややや、まずいぞっ。
そんな夢のない話は許すわけにはいかない....。

「あら、大人になるって、まんざら悪いことばかりじゃあないわよ。
早く大きくなって、ママと一緒にお買い物にいったり、
スッテキーなレストランに行ったりしようよ。

幼稚園生じゃ入れないようなステキなお店はいっぱいあるのよぉー。

バレエだって、大きくなって主役やる方が面白いし、

ヤマハだって、自分で曲作ったり、いろいろな曲弾いたり、

お仕事することだって、ワクワクするわよぉー」と、

めいいっぱいいいことを並べておいた。

だいたいお父さんが、「あーあ、会社嫌だなー」と言いながら出かけていくことが一番悪いよな。

| Comments (0) | TrackBack (0)

生活時間の見直し

新一年生になったお友達のお母さんに会うたびに、
「どう?小学校」と聞いている。

単純に仲良しさん達の様子を聞きたいから。
みんな元気でやってるかな?と、気になるのよぉー。

どうやらみんな新生活に胸を弾ませて、
元気に通学しているらしい。

そんな中で、ふと、
「ありゃ、そうか。それは当たり前だな」と思うことひとつ。

家をでる時間が幼稚園時間よりぜんぜん早いってこと。

一番早いお子さんで、7時半。
あとのみなさんはだいたい7時50分くらい。

ひゃー、考えてみれば学校は8時半には始まるわけでして、
幼稚園時間の並びで9時に出かけていくんじゃ大遅刻だ。

こりゃ、いかん。

早速、娘の起床・就寝・お風呂の時間を見直して、
少しずつ早めにすることに。
朝たっぷり時間を取れるようにして、
有意義な気持ちの良い日々を過ごせるように.....目指す!

がんばれ>私

だって早起きは誰よりも苦手。

| Comments (0) | TrackBack (0)

CMさながらの迫力

050411-5

050411-6

前後に3シートがウリの車、ホンダEdixに乗っている。
このCMでは親子のかなり楽しそうな絵をみることができる。
親子が3人が車の前席に揃って座り、アフリカの荒野を走っている。
と、キリンが目の前を通り過ぎるというイメージのものだ。

春休み、まさにこれを体験してきた。

ふと「どっかに一泊で行こう」と思い立ち、
「富士サファリパーク」に決定。

もちろんお決まりの「ジャングルバス」でしょう!と思ったが、
午前10時に到着した時点で売られていたのは14:30のチケットだった。

こりゃーダメだな。

ということで、自家用車で回ることに。

ジュラシックパークみたーい....
な入口を入ったら、ありゃ渋滞...。

当たり前だ。
動物を見ながら進むわけだから、ゆっくりゆっくり走るわけ。

園内はいくつかのゾーンに分かれており、いろいろな動物が現れる。
この日はお日様サンサンで、ちょっと暖かな日。
動物君たちはみんなごろごろとひなたぼっこしていた。

思ったよりたくさんの動物を、
すぐ目の前で見ることが出来て、とっても面白かった。

私的にはただぼーと、
「あっ、きりんだー、サイだあ」と見ていたかったが、
教育的側面から、
「あっ、きりんさんのしっぽは何色?」だの、
「サイの角の形はどんな?」とか、
細かい指摘をするハメとなりました。ふぅ(--#)。

写真は「こんなボーナスショットあり?」というような一枚。(^^)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.11

春がようやく始まった

050411-2

050411-1

始業式を先週の金曜日に済ませて、今日からバス登園が始まって、本格的に年長さんの一年が始まった。

お弁当はまだまだ先で、25日からだけどね。

今日は生憎の花ちらしの雨で、気温もここ数日より低めだけど、それでもやっぱり春の臭いがいっぱい。

楽しい一年が過ごせますように。

Continue reading "春がようやく始まった"

| Comments (3) | TrackBack (0)

2005.04.07

シクシクシク

ヤマハの先生が4月いっぱいで退任なさることになりました。
退任といっても、定期的な人事異動の範疇らしく、
運営元の楽器店の他の教室にはいらっしゃるとのこと。

それにしても幼児科は二年のカリキュラムなのに、
あと半分を残して先生を変えるなんて。

まったく納得いかん。

運営元の楽器店が説明にきていたので、
質問してみたが、まったく要領をえない。

もともとこの楽器店の担当者はヘボなんだけど、
今日もまったくどうしようなもい対応だった。
店長みずから来てこれだもんねー。ダメだねー。

ああ、ホントに、このことを思うと涙が止まりません。

うう、うううう。

| Comments (1) | TrackBack (0)

入学式

今年の桜はちょうど入学式のときに満開で、
とってもよいタイミング。

やっぱり春はこうでなくっちゃ。

お友達の○○ちゃんやら、○○ちゃん。
いっぱいいっぱい小学生になっていきました。

みんな入学おめでとう。

ランドセルをしょった晴れの姿をみたいけれど、
ちょっと無理なんで、それはまた別の機会に。

今日は歯医者の帰りに娘とふたり、
さびしくロイヤルホストがお昼ご飯を食べていると、
あちこちに高校生とそのお母さんという組み合わせがいました。

今時の高校生はあんまり興味ないけど、今時のお母さんは興味アリ。
じーと見たら悪いから、チラッチラッと盗み見!

ふーん、そんなスタイルが主流なのねー。
派手でなく、目立たなくって感じ。
ちょっとがっくりだなあ。
正直言ってあんまりステキじゃあなかったなあ。

主役は子供ですから、お母さんはどうでもいいってこともあるけど、
やっぱり教育費がピークのお年頃の子供をもったお母さんは、
自分にまでなかなか手が回らないのか、と思いつつ帰宅。

なんだかねむたーい午後を迎えています。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.06

幼なじみ

よく聞く言葉だけど、幼なじみっていったいどんなもんだ?とフト思いました。

娘には生後半年くらいから一緒に遊んでいるお友達がたくさんいるのだけど、これって単なる母の友達ってことかしら?とか思ってみたりして。

昨日もそのたくさんのお友達と3か月ぶりくらいで会いましたが、娘はすんなりと輪に入るどころか、なかなか交わらず、やっと帰る頃一緒に遊び始めました。

スロースターターだねー、としみじみ思いました。

母達はそりゃもう久しぶりですから、
テーブルにドンと座って、
ぺちゃぺちゃのオンパレードなんですが、
子供達は小さなケンカをしたり、
泣きが入ったり、叫んだり、転んだりと、
大騒ぎなんですねー。
いや、これは楽しそうとも言います。

そんな派手な1日が終わって、
抜け殻のようになってしまいました。
はあ、遠出は疲れました。

また次の会合目指して、
しぱらく力を蓄えておかねば(^^)。

(カメラも忘れて、写真もなし。はあ。ぶったるみ中)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.02

ゴム飛び、ケンケンパー

自分が子供の頃よくやった遊びなのですが、
娘とやろうと思って公園に出かけていきましたが、
記憶が飛んでいます。

ケンケンパーは、地面に○を書くことはできても、ルールがいまひとつ。

えーと、石を最初の○に投げ入れて、ケンケンパーと進んでいって、ジャンプでくるっと向き直って、またケンケンパーと戻ってきて、石を蹴る....?
これがうまくいったら、次は二つ目の○に石を投げ入れる....と続いていく?

あってますかねー?

ゴム飛びも、背丈ほどの高さを一体どうやって飛んでいたのかしら?
まっ、娘とのゴム飛びは、ほんの膝丈程度なので、問題ありませんけど。

綾取りとか、折り紙とかも忘れてしまって。
もはや、ひとり綾取りなんてぜんぜーんできません。

それにしても面白いのは、公園にいったとき、
すでに10名程度の小学生が遊んでいました。

ゴム飛びを始めると、じっーと見つめて、
ややもするとジワジワと寄ってきました。

「飛んでいいよ」と声を掛けると、
何名かの子供がわいわいと何度も何度もゴムを飛び越えていきます。
「えー、なになに?」という顔で、こちらを見つめています。

「学校でやる?ゴム飛び」と聞くと、「ううん」だって。

やっぱり昔の遊びなの?

| Comments (7) | TrackBack (0)

2005.04.01

えっ、そういうこと?

「今から帰るよ」と、夫は毎日帰るコールをしてきます。
その電話のあと、きっかり一時間すると玄関がカチャッとあきます。

今日もそのつもりで時計を見ていたら、一時間を過ぎても戻りません。
「あらあ、パパどうしたのかしら?」と娘に言うと、
「帰ってこないねー」と返事をします。

「心配ねー」
「転んじゃって救急車で運ばれちゃったんじゃないのぉー?」
「えー、そんなことになっいたら大変ねー」
「そうだよねー。病院から来てくださいって言われたら大変だよねー」
「うん、大変よぉー」

「だって、お着替えしなきゃ。パジャマじゃいけないね」

って、をい、心配事はそこかい?(^^)

| Comments (0) | TrackBack (0)

人の世は移ろいやすく...

アット・ニフティのパソコン通信サービスの「フォーラム」が今日をもって終了しました。

1987年から運営してきたサービスが終わったのです。
このサービスには、開始の翌年くらいから仕事で携わってきました。
最初は某企業の社員として、にぎやかしに参加したりして。
その後、販売促進や教育、会員サポートなど、
いろいろな形で関わってきました。

Continue reading "人の世は移ろいやすく..."

| Comments (0) | TrackBack (0)

実は、好きな人がいて悩んでいます

ってのはウソです。

あと二時間弱くらい、エイプリールフールですから。

親友が、「去年のメールには驚いたけど、今年は来てないね」
ってメールをよこしました。

「はあ?去年?なんて書いたっけ?」と、
ほぼまったく覚えていない状態。

多分「離婚することになりました」とかだったように思います。
パソコンを見ながら固まっている友達を想像すると、
今でも笑えますが、いやいや、悪い冗談はよそう。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »