2004.02.18

英語でしゃべらナイト

最近気になっている番組です。OLの時はながーーーいこと英語のレッスンに通っていましたが、モノにならず(--#)。ひとつのコンプレックスでもあります。もっと英語ができるようになりたーいとずっと思っています。←じゃあ、勉強しろやって感じですが。

娘が生まれてから、英語の勉強する機会もなく、そのままほったらかしになっていましたが、最近この番組を見て、「あっ、またちょっと勉強したいなあ」とか思っています。
この番組、毎回テーマがあって、とっても面白いです。

2/9の放送では、世界をまたにかけて活躍するシェフ、松久信幸さんでした。数年前に青山に「NOBU TOKYO」ができましたが、ああ、行ってみたいと思いつつ、機会に恵まれず。
その前は、いま話題のラストサムライの渡辺謙に英語を教えたというプロデューサーが出たりして。

文法を勉強するなどの内容ではなく、いろいろな人をゲストに迎えて、その人の英語に対するがんばりを聞いたりするもの。なんか世界で活躍する人の姿勢もかいま見えて、元気をもらえることもしばしば。

さて、英語ですが、どこからやり始めたらいいんでしょうかねー。どなたかご教授を。
NHKのラジオ?テレビ?.....ああ、続けられるだろうか。えっ?本当に勉強しようと思ってるかって?はい、思ってます。

英語でしゃべらナイト

| Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.02

力作!オムライス...なのだが

040202.jpg

・オムライス
・しゅうまい
・ブロッコリーの炒め
・ちくわのチーズ詰め
・いちご

オムライスは味が薄かったらしく、残してきました。手間かけたのにちょっとガックリ。朝のオムライスの残りを夕食で私が食べていたら、娘は、「ママ、ごめんね。今日はお弁当残してきて」だって。いいとこあるね。許しちゃおう!

*

日本テレビで21:00から、スーパーテレビ「今、あなたは正しい日本語を使っていますか」という番組をやっていました。このところ、日本語に関する本がヒットしたり、幼児向けテレビ番組で落語の「じゅげむ」が流れて、口も回らない子供が、「じゅげむじゅげむ」と口ずさんでいたりと、にわかに日本語に注目が集まっている気がします。

番組では、間違えやすい読み方や、渋谷あたりを徘徊する若い子達があやつる「ギャル語」などに焦点を当てていましたが、一方女性講談師やいま話題の斉藤孝先生が登場するなど、なかなか興味深い内容でした。

そういえば、私がその昔パソコンやワープロのインストラクターをしていたときには、どういう言葉で話すとわかりやすいのか、多くの言葉を使う事なく、的確に表現するにはどうしたらいいかをずいぶん考えていたように思います。
また、声のトーンや、口の開け方や、立ち位置なども大いに関係があって、なかなか難しかったのを覚えています。

後輩はアンケートに、「声が高すぎて聞きづらかった」と書かれ、落ち込んでいたこともありました。ニューステーションの久米宏は、小宮悦子に「もっと低い声で読むように」と指示したとか。キャスターの声ひとつにも、時流というものがあるのかもしれません。
そういえば、テレビ朝日の「やじうまプラス」では、7時45分くらいから、女性キャスターが新聞の記事を読むコーナーがあります。私はこの人の声が高すぎるのと、スピードが速すぎるのと、個人的なコメントがしっくりこないのとで、見ているのが苦痛です。
男性アナウンサーが読む記事はまったく違和感がないんですけどねー。
というわけで、ウチでは7時45分になると、チャンネルは3番に変わるのでした。

子供と言えば、「落語の読み聞かせ」がいいとのことでした。、クレヨンハウスでは数種類の落語の絵本が出ています。興味があるので、いっちょ買ってみるか...というところ。

| Comments (0) | TrackBack (0)